iDCにユーザごとにBフレッツを引き込み。安価にアクセス回線が利用できる | RBB TODAY

iDCにユーザごとにBフレッツを引き込み。安価にアクセス回線が利用できる

ブロードバンド その他

 AT-LINKは、専用ホスティングサービス「AT-LINK 専用サーバ・サービス」のアクセスラインにユーザ専用のBフレッツ回線を用いる「BBコネクションサービス」を開始した。

 BBコネクションサービスは、安価なアクセスラインであるBフレッツと、同社のサーバサポートサービス「at+link」を組み合わせたサービスとなっている。

 たとえば、10Mbpsの帯域保証型の回線は1Uのスペース代金を含めて月額432,000円になるが、Bフレッツのビジネスタイプ(100Mbps)を利用した場合はインターネット接続料金を含めて月額176,900円となる。帯域保証型の回線とBフレッツは必ずしも比較できないものの、Bフレッツのビジネスタイプはある程度のスループットと安定性が期待できるため、安価で高速な回線と言えるだろう。なお、インターネットへの接続はC&W IDCの「シェアコネクト 100」を利用する。
《RBB TODAY》
page top