フリービット、CoCoonとIPv6を用いたコンテンツ配信実験に技術提供 | RBB TODAY

フリービット、CoCoonとIPv6を用いたコンテンツ配信実験に技術提供

ブロードバンド テクノロジー

 フリービットは、So-netが進めるCoCoonとIPv6を用いたコンテンツ配信実験に技術協力を行うと発表した。

 具体的にフリービットはSo-netのネットワークに、IPv4とIPv6のトンネルやアドレスを提供する「Feel6 Server」と、大規模な接続に対応するためのトラフィック監視などを行う「DTCP Controller」の2つの技術を提供する。フリービットでは、これらの技術をIPv6接続実験「Feel6 Farm」で利用しており、今回はこの技術をSo-netのネットワーク上で利用することに大きな意味を持つとしている。

※Feel6 ServerとDTCP Controllerの説明に誤りがありました。共に、So-netのネットワーク側に用いられる技術です。読者の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top