コンピュータウイルスで年間4,400億円の被害 —IPA試算 | RBB TODAY

コンピュータウイルスで年間4,400億円の被害 —IPA試算

エンタープライズ その他

 情報処理振興事業協会(IPA)の試算によると、2002年の日本国内におけるコンピュータウイルス被害額は、4,400億円にのぼるという。試算モデル・手法の公開も含めた被害推計は世界でも類がない。

 今回の試算は、昨年に続いて2度目。今回は表面化被害(逸失利益およびシステム復旧コスト)に加え、システム停止による作業効率低下コストや、復旧作業にかかわる一般業務コスト(消失データの再入力や手作業分の再入力など)といった「潜在化被害」についてもモデルに取り込んでいる。また、ウイルス感染などで実際にセキュリティ被害をこうむった事業所へのアンケート調査もおこない、被害額の試算がおこなわれた。

 その結果とりまとめられた推計結果は以下のとおりで、第3次産業の小規模事業所における被害が占める割合が非常に大きいが、これは事業所の数が多いことによるものだ。

推計被害
総額(円)
事業所あたり
被害額(円)
インシデント
発生割合
各グループの
総事業所数
グループ1
建設・製造業
99名以下
856.05億 273,233 0.253 123.8万
グループ2
建設・製造業
100名以上
57.46億 969.636 0.316 1.9万
グループ3
第3次産業
99名以下
3409.4億 199.612 0.344 496.1万
グループ4
第3次産業
100名以上
68.84億 376,094 0.462 4.0万
合計 4391.75億 625.9万
(注:丸めによって、合計と各項目の数字にはずれがある)

 今後については、推定の精度をさらに向上させるほか、企業などが自らセキュリティ被害額を定量的に把握できるよう、推計サービスをネット上で提供したいとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top