南九州ケーブル、ベーシックを速度別に3コース体制へ。下り速度も最高5Mbpsに増速 | RBB TODAY

南九州ケーブル、ベーシックを速度別に3コース体制へ。下り速度も最高5Mbpsに増速

ブロードバンド 回線・サービス

 南九州ケーブルテレビネット(鹿児島県)は、CATVインターネットサービス「MCTインターネット」のサービスメニューを、速度アップを中心に改定する。改定後のサービスメニューは4月1日より適用となる。

 今回のサービス改定の特徴は、現行のベーシック(下り1Mbps/上り256kbps、月額5,800円)を、下り速度512kbps、2Mbps、5Mbpsの3コースに分割したことである。新コース体制では、エントリ向けでそれほど速くはないが利用料も安い512Kコースや、パワーユーザ向けの速度重視の5Mコースが追加される。また、プレミアムコースの速度も3Mbpsから8Mbpsに引き上げられる。

 なお、現ベーシックユーザは、4月からはベーシック2Mコースへと自動的に移行となる。4月1日からのサービスメニューは次のとおり(初期費用を分割払いにするBコースは、下記利用料より400円アップ)。

●ベーシック512K
 速度:下り512kbps、上り128kbps
 利用料:2,800円

●ベーシック2M
 速度:下り2Mbps、上り256kbps
 利用料:4,800円
 ※多チャンネル利用者は1,000円引き、9ch利用者は300円引き

●ベーシック5M
 速度:下り5Mbps、上り512kbps
 利用料:5,800円
 ※多チャンネル利用者は1,000円引き、9ch利用者は300円引き

●プレミアム
 速度:下り8Mbps、上り2Mbps
 利用料:10,000円
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top