通話品質やユーザの評価は極めて高い結果に −NTTコム、IP電話サービスのアンケートを報告 | RBB TODAY

通話品質やユーザの評価は極めて高い結果に −NTTコム、IP電話サービスのアンケートを報告

ブロードバンド その他

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、IP電話の相互接続におけるアンケートの結果を報告した。これによると、ユーザからの評価は非常によいことが読み取れる。

 アンケートは、NTTコムのIP電話網を利用したモニタサービスのユーザのうち、1万人を対象に行った。IP電話のモニタサービスは、OCNや@niftyなど5つのISPを通じて実施されたものだ。これによると、IP電話/IP電話、IP電話/PSTNいずれにおいても、半分以上のユーザが一般電話と同等またはそれ以上の音質だと回答している。さらに、70%のユーザが商用サービスも利用したいとしている。モニタサービスが無料だったことを考慮すれば、ある程度高い数字になっているといえるだろう。また、利用したい理由として、「一般電話への通話料が安いから」は92.4%となり、「(IP電話同士の)無料通話ができるから」の67.4%を大きく突き放す結果となった。

 通話時間については、約40%のユーザが増加したと答えている。同社では、モニタ期間中においてはIP電話同士で通話したユーザは全体の10%程度しかいないことから、今後、無料通話の範囲が広がると共に、通話時間も増加すると見ているという。

 また、盗聴、個人情報の漏洩、音声品質、迷惑電話、ワン切りなどセキュリティと品質を心配しているユーザが多いことを挙げ、今後はこれらの課題を中心に取り組んでいくとした。

 アンケートは、モニタユーザとは別に渋谷の街頭でも実施したという。モニタへのアンケートはIP電話に興味があるユーザが対象だったり年齢層にばらつきが見られるが、渋谷でのアンケートはこれらの母体がある程度均等になっている。これら、ごく普通の人たちも、モニタユーザと同じく半分以上が一般電話と同じかそれ以上の音質だと回答している。さらに70%の人が今後利用したいとしており、モニタサービスを利用するような先進的なユーザでなくても、評価が高いという結果になった。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top