NTT西日本、フレッツサービスにおけるPPPoEセッションを標準で2つに変更 | RBB TODAY

NTT西日本、フレッツサービスにおけるPPPoEセッションを標準で2つに変更

ブロードバンド その他

 NTT西日本は、3月から順次Bフレッツとフレッツ・ADSLにおけるPPPoE接続のセッション数を標準で2つに変更する。従来は、標準で1つのセッションだったため、2つのセッションを利用するには申し込みが必要だった。

 今回の変更は、フレッツ・ADSLはすべての回線が、Bフレッツは、ファミリー100タイプ、ファミリータイプ、マンションタイプが対象となるため、ベーシックやビジネスタイプには変更はない。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top