小田急電鉄、祖師ヶ谷大蔵駅構内にネットカフェ「od@sis」をオープン | RBB TODAY

小田急電鉄、祖師ヶ谷大蔵駅構内にネットカフェ「od@sis」をオープン

ブロードバンド その他

 小田急電鉄は、祖師ヶ谷大蔵駅構内にネットカフェ「od@sisそしがや」をオープンするすると発表した。営業は3月18日より開始され、公衆無線LAN接続や印刷サービスが提供される。

 od@sisでは、一般的なネットカフェで提供されている備え付けのパソコンによるインターネットの利用のほか、公衆無線LANサービスも利用できる。また、プリント、FAX、コピーが利用できるなどビジネスマン向けのサービスも用意されいている。さらに、希望者にはメールアドレスが付与されるほか、ビデオチャットを用いて小田急グループの百貨店、不動産などの担当者と話ができる。

 初心者向けのサービスとして、10時から19時までの間は操作説明を行うスタッフが常駐するなど、駅を利用する幅広い客層をターゲットとしているのが特徴だ。

 インターネット接続の利用は無料となるが、1ドリンクの注文が必要となる。また利用には登録が必要となり、その際に身分証明書と500円が必要となる。なお会員証は、電子マネーの「Edy」が搭載されておりod@sisそしがやでの支払いなどに利用できる。

 バックボーンにはCATVインターネットの小田急ケーブルビジョンを利用しており最大8Mbpsでの接続となる。同社では、od@sisそしがやでの状況を見つつ、ほかの駅での展開も検討していくとのことだ。

●od@sisそしがや
 場所:小田急線 祖師ヶ谷大蔵駅構内
 営業時間:7:00〜22:00
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top