アイ・オー、.11b準拠ながら倍速22Mモード搭載の無線LANパッケージ | RBB TODAY

アイ・オー、.11b準拠ながら倍速22Mモード搭載の無線LANパッケージ

IT・デジタル その他

アイ・オー、.11b準拠ながら倍速22Mモード搭載の無線LANパッケージ
  • アイ・オー、.11b準拠ながら倍速22Mモード搭載の無線LANパッケージ
 アイ・オー・データ機器は、IEEE802.11b準拠ながら通信速度を最大22Mbpsに伸ばした無線LANカード「WN-B11/CBH」と対応アクセスポイント「WN-B11/AXPH」とのセットパッケージ「WN-B22-S」を発売する。2月上旬の出荷予定で、希望小売価格は21,000円。単体での購入の場合はLANカードが7,500円、アクセスポイントが13,800円。

アイ・オー・データ機器「WN-B22-S」


 本パッケージ中の無線LANカード・アクセスポイントは、いずれも従来の.11bの最大通信速度(11Mbps)のちょうど2倍となる「倍速22Mbpsモード」を搭載しており、組み合わせて使用することでより高速な通信環境を実現することが可能。加えてセキュリティ面でも、より64/128ビットのWEPに加えより強固な256ビットWEP対応により充実が図られている。

 また両者とも、倍速モード非対応の機器と併用する場合には通常の.11b対応通信機器として機能するほか、倍速モードと通常モードの並存環境での同時利用にも動作に支障はない。なおアクセスポイント「WN-B11/AXPH」に関しては、通常の.11b対応アクセスポイントとして既に発売済であるが、本日付で公開されたファームウェア「Ver.2.0」を導入することにより、倍速モード・256ビットWEPの双方に対応させることができる。

  対応OSは、LANカードがWindows XP/2000/Me/98SE/98、アクセスポイントがWindows XP/2000/Me/98SE/98/95/NT4.0で、セットで利用するためにはWindows 98以降が必要となる。
《RBB TODAY》

特集

page top