TikiTiki、固定IP付与のフレッツ・ADSLを利用したWebカメラサービス。オプションでストレージも利用可 | RBB TODAY

TikiTiki、固定IP付与のフレッツ・ADSLを利用したWebカメラサービス。オプションでストレージも利用可

ブロードバンド その他

 TikiTikiインターネット(エヌディエス運営)は、本日よりフレッツ・ADSLに固定IPを付与するプランを利用した「Webカメラサービス」の提供を開始した。

 Webカメラサービスは、同社の「フレッツ・ADSL IP1コース」とWebカメラとの組み合わせにより提供されるもの。本サービスを利用することにより、インターネットに接続可能なパソコンや携帯電話を通じて、カメラの映像を外部から閲覧できるようになる。

 このうちアクセスラインとなるフレッツ・ADSL IP1コースは、ユーザにグローバルIPアドレスを固定的に1つ割り当てるプランで、利用料は月額4,800円(または年額52,800円)。1.5M/8M/モアすべてに同一料金で対応するが、いずれの場合も初期設定料2,000円(※)とIPアドレス申請手数料2,800円が別途必要となる。

 また利用できるカメラは、パナソニック コミュニケーションズ製のもので、「KX-HCM170」など4機種が用意されている。ただし各機種とも買取のみでレンタルプランは用意されておらず、価格は一番安価な「KX-HCM2(固定タイプ)」で38,800円、一番高価な「KX-HCM170(パン・チルト機能/屋外設置可能/無線LAN対応)」で82,800円となっている。

 さらにオプションとしてカメラで撮影した画像を保存できるストレージサービスも利用可能で、こちらの方は500Mバイトで月額500円から、最大2Gバイトまで容量を選択することができる。

 なお本サービスは提供エリアが限定されており、岡山県、広島県、山口県、香川県、愛媛県、徳島県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県のフレッツ・ADSL提供地域が対象となる。

(※)現在はキャンペーン中につき無料
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top