IIJら、Global IPv6 Summit in Japan 2002をIPv6マルチキャストでライブ配信 | RBB TODAY

IIJら、Global IPv6 Summit in Japan 2002をIPv6マルチキャストでライブ配信

エンタメ その他

 Global IPv6 Summit in Japan 2002実行委員会は、Global IPv6 Summit in Japan 2002(12月18〜19日/パシフィコ横浜)第2日目の19日に行われるすべてのプログラムをIPv6マルチキャストでライブ配信する。

 このライブ配信には、インターネットイニシアティブ(IIJ)、アイアイジェイメディアコミュニケーションズ(IIJ-MC)、NTTコミュニケーションズ、マイクロソフト(MS)、WIDE Projectが協力する。

 ライブ映像は会場でエンコードされ、IIJおよびIIJ−MCのビデオ配信サーバにIPv6で伝送、そしてNSPIXP6(IPv6に特化したIX)を通して実験参加ISPに配信される。会場から配信サーバまではIPv6ユニキャストとなるが、配信サーバ以降はマルチキャストだ。また、ソフトには、MSの「Windows Media 9 Series」の評価版が使われる。

 視聴するには、IPv6マルチキャスト通信に接続できる環境で500kbps程度の帯域が確保できることが必要とされる。また、マルチキャスト受信の当選者のみとなる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top