CTNet、専用線サービスのオプションにシマンテックのウイルスチェックサービスを追加 | RBB TODAY

CTNet、専用線サービスのオプションにシマンテックのウイルスチェックサービスを追加

エンタープライズ その他

 シマンテックと三井物産は中国通信ネットワーク(CTNet)と提携、12月10日よりCTNetの提供する専用線サービス「CCCN」を利用している法人ユーザを対象に、メールウィルスチェックサービスの提供を開始する。

 ウイルスチェックは、シマンテックの提供するSymantec AntiVirus Scan Engineによって行われる。送受信どちらのメールにも適用され、感染メールはファイルを修正あるいは削除し、ユーザへ報告メールが送られる。なお、本サービスは自動的に適用されるのではなく、申し込み制のオプションサービスである。

 CTNetは、中国地方をサービスエリアとする電力系通信事業者(NCC)。NCC11社のうちシマンテックのウイルスチェックサービスを採用したのはCTNetが4社目となる。
《RBB TODAY》

特集

page top