FTTHは月額5,000円に下がると普及が加速する −三菱総研の調査 | RBB TODAY

FTTHは月額5,000円に下がると普及が加速する −三菱総研の調査

ブロードバンド その他

 三菱総研は、「世帯・個人の通信サービス利用についてのアンケート調査」の結果を公表した。アンケートは、2002年9月〜10月まで全国の1,008世帯2,169人を対象に訪問留置き式で行われた。

 初めに、インターネット接続のインフラにおける今後の意向について報告があった。まず、現在の内訳としては、ナローバンドユーザは62.3%、ブロードバンドユーザは35.8%となっていることが示された。しかし、1年後の意向としてナローバンドを利用しているユーザは46%、ブロードバンドユーザは47.2%とほぼ並び、さらに3年後の意向としてはナローバンドが27.8%、ブロードバンドが57.9%となり完全に逆転することになる。

 また、FTTHについてのアンケート結果も公表されている。アンケートでは、ISP料金込みで月額8,500円、初期費用3万円という価格を提示した上で「すぐにでも利用したい」は6.3%、「月額利用料金がさらに下がれば利用したい」が48.7%となり、FTTHの普及にはさらなる値下げが必要だと読み取れる。さらに、導入に踏み切る料金として、月額5,000円〜6,000円(35%)と3,000円〜4,000円(34.3%)が多く、月額5,000円を実現すれば普及が大きく促進される可能性があるとしている。

 情報家電については、欲しい機能として「外出先からの鍵の島忘れ確認、開閉操作」が57.8%、「外出先からのガス確認、湯わかし操作」が50.3%となっており、ホームセキュリティ系の機能を望む声が高いことが見える。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top