メルコ、DHCPなどの不具合を修正した「WBR-B11」の最新ファームウェアを公開 | RBB TODAY

メルコ、DHCPなどの不具合を修正した「WBR-B11」の最新ファームウェアを公開

IT・デジタル その他

 メルコは、無線LANアクセスポイント付きブロードバンドルータ「WBR-B11」の最新ファームウェアVer.1.01βを公開した。DHCPなどの不具合の修正が中心となっている。

 最新ファームウェアでは、UPnP、DHCPサーバとクライアント、NTP機能における不具合が修正された。DHCP機能修正では、一部のISP(知多メディアスネットワークなど)でIPアドレスが取得できない問題が解決されている。さらに、オンラインゲームサービス「Xbox Live」も利用できるようになった。

 新機能として、WANの通信方式とストレートとクロスケーブル自動認識機能「AUTO MDI/MDI-X」に手動設定機能が追加されている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top