NTT東、Bフレッツ マンションタイプにVDSL方式を追加 | RBB TODAY

NTT東、Bフレッツ マンションタイプにVDSL方式を追加

ブロードバンド その他

 NTT東日本は、Bフレッツ マンションタイプ(下り最大100Mbpsを集合住宅で共同利用)にあらたにVDSL方式での提供を追加する。VDSL機器のレンタル料は月額900円。工事費は8,100円。また、PNA方式からの移行には、12,600円の工事費が必要となる。申し込み受付は10月21日、サービス開始は12月16日より。

 あらたに追加されたVDSL方式は、ユーザに下り最大速度50Mbps、上り最大10Mbpsを提供する。これまでのマンションタイプは、LAN配線などがない場合には、下り最大10MbpsのPNA方式を利用していた。そのため、12MbpsのADSLが主流となりつつある昨今ではその魅了も薄れてきているた。しかし、VDSL方式では下り50Mbpsを提供できる。月額利用料が3,000円(16ユーザ以上)と安く、しかも集合住宅でも簡単に光サービスが導入できるとあり、今後、マンションタイプの需要は増えるものと思われる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top