コレガ、UPnP対応無線ブロードバンドルータに「BAR WL」と高速タイプの「BAR HGWL」および無線LANカードとのセットを発売 | RBB TODAY

コレガ、UPnP対応無線ブロードバンドルータに「BAR WL」と高速タイプの「BAR HGWL」および無線LANカードとのセットを発売

IT・デジタル その他

コレガ、UPnP対応無線ブロードバンドルータに「BAR WL」と高速タイプの「BAR HGWL」および無線LANカードとのセットを発売
  • コレガ、UPnP対応無線ブロードバンドルータに「BAR WL」と高速タイプの「BAR HGWL」および無線LANカードとのセットを発売
  • コレガ、UPnP対応無線ブロードバンドルータに「BAR WL」と高速タイプの「BAR HGWL」および無線LANカードとのセットを発売
 コレガは、UPnP対応のIEEE802.11b無線LANアクセスポイント機能つきブロードバンドルータ「corega BAR WL」と高速版の「corega BAR HGWL」を、それぞれ11月中旬、10月中旬より販売開始する。標準価格は、BAR WLが未定、BAR HGWLが25,800円。

 また、無線LANカード「corega Wireless LAN PCCL-11」を1枚セットにした「corega BAR Set HGWL」「corega BAR Set HGWL」も同時に発売される。標準価格は、BAR WLが未定、BAR HGWLが32,000円。

 BAR WLは主にADSLやCATV向けに23Mbpsのパフォーマンスを持つモデル。高速版のBAR HGWLは89Mbpsのパフォーマンスを持ち(ともにFTP計測のメーカー公表値)、ADSL・CATVだけでなくFTTHに適したモデルである。どちらもWAN側に100BASE-TX/10BASE-TのEthernetを1ポート、LAN側にスイッチングポートで4ポート搭載し、全ポートともAUTO MDI/MDI-Xに対応している。共通する主要な機能は、UPnP対応、Windows Messengerなどへの対応、静的IPマスカレード機能、DMZ機能、簡易ファイアウォール、パケットフィルタリング、webブラウザベースの管理機能など。

 高速版のBAR HGWLでは、これらの機能に加え、ダイナミックルーティング(RIP)機能、PPTP/IP Sec/L2TPプロトコル対応、ログ記録およびメール通知機能となっている。

コレガ:BAR WL


コレガ:BAR WLHG
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top