トレンドマイクロ、2002年9月のウイルス感染レポートを発表。KLEZの減少傾向にブレーキ? | RBB TODAY

トレンドマイクロ、2002年9月のウイルス感染レポートを発表。KLEZの減少傾向にブレーキ?

エンタープライズ その他

 トレンドマイクロは、2002年9月度のウイルス感染被害レポートを公表した。それによると、もっとも被害および発見件数が多かったのはWORM_KLEZ(クレズ)の1,750件。

 KLEZについては、7月が1,999件、8月が1,561件ということで順調に減少していたが、9月になって若干の増加となっている。他のウイルスでも「根絶」されるケースはほとんどなく、ある程度まで減ると下げ止まってしまうが、KLEZの場合は発信者詐称によって、この下げ止まりが他のウイルスよりかなり高いところで起きていると見ることもできる。

 今月あらたにランキングに登場したのはTROJ_JAPSX.A(ジャプエスエックス)で、起動時にアダルト画像を表示するなどの動作をするもの。添付ファイル名で受信者にクリックさせるタイプながら2位にランクインしているということで、「不用意に添付ファイルを開かない」という原則をあらためて強調しておく必要があるだろう。

 今月は、JAPSX.A以外はいずれも既知のウイルスであり、しかもKLEZに代表されるようにセキュリティホールを使って感染を広げるタイプが中心となっている。InternetExplorerやWindowsのセキュリティホール対策は、面倒でもこまめに行っていただきたい。

 トレンドマイクロ発表の2002年9月度のウイルス被害ランキングは以下のとおり。

順位 ウイルス名 被害件数 先月の順位と件数
1位→ WORM_KLEZ 1750件 (1位・1561件)
2位↑ JS_EXCEPTION.GEN 84件 (3位・62件)
2位↑ TROJ_JAPSX.A 84件 (初登場)
4位↓ WORM_BADTRANS.B 65件 (2位・85件)
5位↑ VBS_REDLOF.A 41件 (圏外)
5位↑ PE_ELKERN 41件 (圏外)
7位↓ NIMDA 38件 (4位・36件)
8位↓ MTX 22件 (6位・34件)
9位→ JS_NOCLOSE.E 20件 (9位・17件)
10位↓ X97M_LAROUX 16件 (8位・22件)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top