NTT西、Bフレッツのサービスエリアを西日本地域の全府県に拡大 | RBB TODAY

NTT西、Bフレッツのサービスエリアを西日本地域の全府県に拡大

ブロードバンド 回線・サービス

 NTT西日本は、3月1日よりBフレッツのサービスエリアを西日本地域すべての府県に拡大すると発表した。NTT西日本では、Bフレッツのサービス提供に対してピンポイントエリア展開方式を採用している。

 ピンポイントエリア展開とは、サービスエリア内に張り巡らされた光ファイバのルート(光配線ルート)単位に、約30件程度の利用希望者が集まった段階でサービスを提供するという方式である。この方式のメリットは、利用者が集まった段階でサービスを提供するので集中的に工事がしやすいこと。その反面、利用希望を申請しても、いつから利用できるのかまったくわからない、希望者が集まらないとサービスが利用できないという欠点がある。

 これまでは、大阪府大阪市、愛知県名古屋市、京都府京都市、兵庫県神戸市、広島県広島市、福岡県福岡市の一部地域でしかBフレッツを利用できる可能性はなかったが、3月以降は上記以外の地域でも利用者さえ集まれば利用できるようになる。

 拡大される府県とサービス開始時期は以下のとおり。

3月1日
 静岡県、兵庫県、広島県、香川県

3月4日
 岡山県

3月5日
 大阪府、佐賀県、熊本県

3月6日
 岐阜県、宮崎県

3月8日
 石川県、富山県、鳥取県、島根県、愛媛県、
 徳島県、大分県、長崎県、沖縄県

3月12日
 三重県

3月15日
 奈良県、滋賀県、福井県

3月18日
 鹿児島県

3月19日
 山口県

3月20日
 和歌山県、高知県

3月25日
 福岡県

3月下旬
 愛知県
《RBB TODAY》

特集

page top