公正取引委員会ニュース | RBB TODAY

公正取引委員会に関するニュース一覧

旭硝子など日韓4社、ブラウン管用ガラスのカルテルの疑いで摘発 画像
エンタープライズ

旭硝子など日韓4社、ブラウン管用ガラスのカルテルの疑いで摘発

韓国公正取引委員会は、旭硝子など日韓の4社に対してCRT(ブラウン管)用ガラスの取引で公正取引法違反行為があったとして課徴金を合計545億ウォン(約37億円)課すと発表した。

公正取引委員会、Mobageのディー・エヌ・エーに排除措置命令・・・サードパーティへの締め付けで  画像
エンタープライズ

公正取引委員会、Mobageのディー・エヌ・エーに排除措置命令・・・サードパーティへの締め付けで

公正取引委員会は、独占禁止法に基づき審査を行ってきた株式会社ディー・エヌ・エーに対して、不公正な取引方法の第14項(競争者に対する取引妨害)に該当するとして、排除措置命令を出しました。

「独占禁止法に違反する具体的事実なし」…公取委、ヤフーとGoogleの提携に“いちおうのOK” 画像
エンタープライズ

「独占禁止法に違反する具体的事実なし」…公取委、ヤフーとGoogleの提携に“いちおうのOK”

 公正取引委員会は2日、ヤフーが米グーグル(Google)社から検索エンジンなどの技術提供を受けることについて調査を重ねた結果、「独占禁止法上問題となるおそれがある行為を行っている具体的な事実は認められなかった」とする報告書を公開した。

楽天、ヤフーと米グーグルの提携に対して「独禁法違反」を公取委へ申し立て 画像
エンタープライズ

楽天、ヤフーと米グーグルの提携に対して「独禁法違反」を公取委へ申し立て

 楽天は20日、ヤフー(Yahoo! JAPAN)と米グーグル(Google)の提携事案に関して、独占禁止法第45条第1項に基づく申告書を公正取引委員会へ提出したことを公表した。

公取委、クアルコムに排除命令 〜 携帯の知的財産権で不当契約 画像
エンタープライズ

公取委、クアルコムに排除命令 〜 携帯の知的財産権で不当契約

 公正取引委員会は30日、米Qualcommに対し、独占禁止法に反する行為を行っているとして28日に排除措置を命令したことを公表した。

古河電工など光ファイバケーブル大手各社、独禁法違反の疑いで公取委による立ち入り検査 画像
エンタープライズ

古河電工など光ファイバケーブル大手各社、独禁法違反の疑いで公取委による立ち入り検査

 公正取引委員会は2日、古河電気工業、住友電気工業、フジクラ、日立電線など大手4社を含む数社に対し、独占禁止法違反の疑いで立ち入り検査を行った。

イー・モバイル、公取委から広告表示に対して警告〜「今後はわかりやすい適切な広告表示に」 画像
ブロードバンド

イー・モバイル、公取委から広告表示に対して警告〜「今後はわかりやすい適切な広告表示に」

 公正取引委員会は4日に、イー・モバイルに対して不当景品類および不当表示防止法第4条第1項第2号の規定に違反するおそれがあるとして警告を行ったことを発表した。

NTT東西、「ひかり電話」広告の料金表示で公正取引委員会から排除命令 画像
ブロードバンド

NTT東西、「ひかり電話」広告の料金表示で公正取引委員会から排除命令

 東日本電信電話(NTT東日本)および西日本電信電話(NTT西日本)は15日、公正取引委員会から同日に、「ひかり電話」の一部の広告について、不当景品類および不当表示防止法第6条第1項の規定に基づく排除命令を受けたことを発表した。

公取、ソフトバンクモバイルに警告、KDDIとドコモに注意 画像
ブロードバンド

公取、ソフトバンクモバイルに警告、KDDIとドコモに注意

 公正取引委員会は12日、ソフトバンクモバイルが行った「予想外割」の広告について、景品表示法第4条第1項第2号(有利誤認)の規定に違反するおそれがあるとして、同社に対し警告を行った。

公正取引委員会、無線LANの“到底実現不可能な”速度表示に注意 画像
ブロードバンド

公正取引委員会、無線LANの“到底実現不可能な”速度表示に注意

 公正取引委員会は、無線LANアクセスポイントを製造・販売する主要ベンダーに対して、無線LANの転送速度表記について、景品表示法違反につながるおそれがあるとの注意を行った。

公取委、NTT東に対して「1回線1ユーザ」のBフレッツ・ニューファミリーなどに排除勧告 画像
ブロードバンド

公取委、NTT東に対して「1回線1ユーザ」のBフレッツ・ニューファミリーなどに排除勧告

 公正取引委員会は、NTT東日本に対して、光ファイバ1芯に1ユーザのみ収容してBフレッツ・ニューファミリータイプのサービスを提供していることが「私的独占」にあたるとして排除勧告を行った。NTT東日本は「勧告書の内容を十分に検討した上で早急に対処方針を決定」するとしている

[更新] 「20MbpsオーバーADSL」と書くのもはばかられる26M/24M ADSLサービス 画像
ブロードバンド

[更新] 「20MbpsオーバーADSL」と書くのもはばかられる26M/24M ADSLサービス

 6月下旬にダブルスペクトラムADSL、いわゆる24Mや26MのADSLサービスが開始されてから約2ヶ月。RBB TODAYの通信速度計測サイト「speed.rbbtoday.com」を見る限り、24Mサービスや26Mサービスについて、速度でサービス名を書くのはどうも不適切な印象だ。

公取委、小売店への価格拘束でJ-フォンに排除勧告 画像
エンタープライズ

公取委、小売店への価格拘束でJ-フォンに排除勧告

 公正取引委員会(公取委)は、J-フォンに代理店や小売店に対しての価格拘束を排除するよう7月28日に勧告した。勧告諾否の期限は8月11日。

公正取引委員会、電気通信事業における政府規制と競争政策に関する研究会を開催 画像
ブロードバンド

公正取引委員会、電気通信事業における政府規制と競争政策に関する研究会を開催

 公正取引委員会は、電気通信事業分野に関する政府規制等と競争政策を検討するため、電気通信事業ワーキンググループを9月上旬に開催する。このWGでは、市場のとらえ方や望ましい制度のあり方、公正競争を確保する方策、ユーザ視点での望ましい規制のあり方などが検討される。

インターネットならではの「不当表示」事件も・・・公正取引委員会、2001年度の景品表示法運用状況を公表 画像
ブロードバンド

インターネットならではの「不当表示」事件も・・・公正取引委員会、2001年度の景品表示法運用状況を公表

 公正取引委員会は、平成13年度の景品表示法に関する事件処理の概要を公表した。多くは通常の店舗販売での違反事例だったが、インターネットにおける不当表示へも警告が出されている。ネット関連で目新しいのは、「ホームページの記載通りにはサービス提供が開始できていない」という事件だ。

公取委、NTT東西に対して警告。ADSL関連工事で独禁法違反の疑い、と 画像
ブロードバンド

公取委、NTT東西に対して警告。ADSL関連工事で独禁法違反の疑い、と

 公正取引委員会は25日、NTT東日本およびNTT西日本に対して独占禁止法に基づく警告を行った。警告は、ADSLサービスの提供時に発生することのある、保安器交換工事と光ファイバからメタルへの収容替え工事について、フレッツ・ADSLの利用者に対しては無料でおこなう一方、他の事業者向けには有料で工事を行っていた疑いがあるというもので、独占禁止法第19条(不公正な取引)に該当する。

    Page 1 of 1
    page top