太陽電池、太陽発電ニュース(4 ページ目) | RBB TODAY

太陽電池、太陽発電に関するニュース一覧(4 ページ目)

太陽光発電システム市場、2030年には4.6倍…富士経済予測 画像
エンタープライズ

太陽光発電システム市場、2030年には4.6倍…富士経済予測

富士経済は12日、太陽光発電システム関連、製造装置関連の市場調査結果を発表。太陽光発電システムの世界市場が、2030年に2010年比4.6倍の26兆4000億円に達するとの予測を示した。

車から家へ電力供給、先行配線した住宅 ミサワホームEdu 画像
エンタープライズ

車から家へ電力供給、先行配線した住宅 ミサワホームEdu

ミサワホームは、鉄骨系ハイブリッドの小屋裏3階建て住宅「HYBRID自由空間」に、将来のスマートハウスへの対応と子供の成長に合わせた学習空間の新たな提案を盛り込んだ企画住宅『Edu(エデュー)』を追加し、2012年1月7日から全国で発売する。

【インタビュー】急拡大する太陽光発電市場、CIS薄膜技術の可能性……ソーラーフロンティア 画像
IT・デジタル

【インタビュー】急拡大する太陽光発電市場、CIS薄膜技術の可能性……ソーラーフロンティア

 矢野経済研究所が9月に発表した市場予測調査によれば、国内の太陽光発電システム市場は、2009年11月からスタートした余剰電力の固定価格買取制度の影響により急拡大を続け、2009年度の3856億円から2011年度は6500億円超になると予測。

新エネルギー用パワーコンディショナー市場、2015年に298億円 矢野経済予想 画像
エンタープライズ

新エネルギー用パワーコンディショナー市場、2015年に298億円 矢野経済予想

矢野経済研究所は、国内の新エネルギー用パワーコンディショナー市場の調査を実施した。

東北電力初のメガソーラー発電所が営業運転を開始 画像
エンタープライズ

東北電力初のメガソーラー発電所が営業運転を開始

東北電力は、メガソーラー発電所である八戸太陽光発電所(青森県八戸市)が12月20日から営業運転を開始したと発表した。

川崎市と東電、扇島太陽光発電所の営業運転を開始 画像
エンタープライズ

川崎市と東電、扇島太陽光発電所の営業運転を開始

川崎市と東京電力は12月19日、「扇島太陽光発電所」の営業運転を同日開始したと発表した。今年8月10日に先行して運転を開始した浮島太陽光発電所とあわせ、合計出力2万kWの国内最大級のメガソーラーが完成した。

【エコプロダクツ11】パナソニック、大陸横断ソーラーカー優勝車を展示 画像
エンタープライズ

【エコプロダクツ11】パナソニック、大陸横断ソーラーカー優勝車を展示

パナソニックは14日、国内最大級の環境展示会「エコプロダクツ2011」に出展すると発表した。今回は、4月1日に完全子会社化したパナソニック電工と三洋電機の持つリソースも活かし、パナソニックグループでの展示・提案を行う。

パナソニック、年産300MWの太陽電池工場をマレーシアに新設 画像
エンタープライズ

パナソニック、年産300MWの太陽電池工場をマレーシアに新設

パナソニックは、マレーシアに太陽電池を生産する拠点を新設すると発表した。ウエハからセル、モジュールまで一貫生産する新工場を建設する。

安川電機、大規模産業用に太陽光発電パワーコンディショナを発売 画像
エンタープライズ

安川電機、大規模産業用に太陽光発電パワーコンディショナを発売

安川電機は、中大規模産業用途向けに400V3相100kWの太陽光発電用パワーコンディショナ『Enewell-SOL』を11月25日から販売開始したと発表した。

スタンフォード大のソーラーカーにSTのマイコンを採用 画像
エンタープライズ

スタンフォード大のソーラーカーにSTのマイコンを採用

STマイクロエレクトロニクスは、同社の32bitマイコンが、スタンフォード大学の最新型ソーラーカーの電子システム制御用に採用されたと発表した。

積水ハウス、東京モーターショーに出展……世界初3電池システム+EVでエナジーフリーの住宅を提案 画像
ブロードバンド

積水ハウス、東京モーターショーに出展……世界初3電池システム+EVでエナジーフリーの住宅を提案

 積水ハウスは、12月2日から12月11日(一般公開は12月3日から)に開催される「第42回 東京モーターショー2011」に、住宅メーカーとして初めて出展、ブースでは家も車もエネルギーコストがゼロの“エナジーフリー“の住宅が登場する。

シャープ、業務用バックアップ電源システムを発売……太陽光発電と組み合わせて使用可能 画像
エンタープライズ

シャープ、業務用バックアップ電源システムを発売……太陽光発電と組み合わせて使用可能

 シャープは17日、蓄電池を搭載し、停電時でも電力を使用できる業務用のバックアップ電源システム「JH-AB01」の販売を開始した。11月30日より受注を開始する。太陽光発電システムの自立運転と組み合わせ、電気機器へ電力を供給するとともに蓄電池の充電も可能。

サムスン、太陽光発電によるコンテナ教室を南アフリカで運用開始 画像
エンタープライズ

サムスン、太陽光発電によるコンテナ教室を南アフリカで運用開始

 太陽光発電を使って電力を供給し、無線によるインターネット接続も可能な移動式ICT教室…そんな先進的な取組を、サムスン電子が南アフリカで開始した。

【産業交流展2011】東京工科大など、太陽光発電を利用した“いつでもどこでも”通信サーバ 画像
ブロードバンド

【産業交流展2011】東京工科大など、太陽光発電を利用した“いつでもどこでも”通信サーバ

 「産業交流展」では、情報、環境、医療・福祉、機械・金属分野で活躍する中小企業の製品や技術が数多く紹介されていた。情報関係では、太陽光発電を利用した自立型WiFi通信サーバ「インテリジェント エコ ターミナル」(以下、ITe)が目を引いた。

太陽電池の瞬間的な発電の可視化 大日本スクリーンと大阪大学が成功 画像
エンタープライズ

太陽電池の瞬間的な発電の可視化 大日本スクリーンと大阪大学が成功

大日本スクリーンと大阪大学は、太陽電池に極めて短時間のレーザー光を照射することで発生するテラヘルツ波の検出に世界で初めて成功。従来は確認できなかった、1兆分の1秒という瞬間的な太陽電池の発電状態の可視化を実現した。

スマートグリッド、認知度は過半数を超える…博報堂調べ 画像
エンタープライズ

スマートグリッド、認知度は過半数を超える…博報堂調べ

博報堂は、全国の20〜60代の男女1000人を対象に「スマートグリッドに関する生活者調査」を実施し、その結果をまとめた。

双日、ドイツでメガソーラー事業を開始…発電能力年間24メガワット 画像
エンタープライズ

双日、ドイツでメガソーラー事業を開始…発電能力年間24メガワット

双日は24日、ドイツの首都ベルリンから南に約100kmに位置するミックスドルフでメガソーラー大規模太陽光IPP(独立発電事業者)事業を開始したと発表した。

積水化学、太陽光発電搭載のファミリー向け賃貸住宅を発売 画像
エンタープライズ

積水化学、太陽光発電搭載のファミリー向け賃貸住宅を発売

積水化学工業は、メゾネットタイプの2階建て賃貸住宅『レトアメゾネット シンフォニースタイル』を開発、28日より発売を開始する。

テュフ、太陽電池モジュールの試験期間を短縮 画像
エンタープライズ

テュフ、太陽電池モジュールの試験期間を短縮

テュフ・ラインランド・ジャパンは、横浜にある太陽光発電評価センター(SEAC)が、通常3か月以上かかる太陽電池モジュールの規格試験を1.5か月に短縮したと発表した。

【CEATEC 2011(Vol.35)】スペックを追求した東芝の太陽光発電システム  画像
エンタープライズ

【CEATEC 2011(Vol.35)】スペックを追求した東芝の太陽光発電システム

 太陽光発電システムは京セラ、日立を始めとする各社が出展したが、東芝も、9月に発表した“変換効率世界NO.1”(9月中旬時点)の「240Wモジュール」をCEATECに出展。

【CEATEC 2011(Vol.34)】注目の太陽光発電、シャープが高効率の「BLACKSOLAR」展示 画像
エンタープライズ

【CEATEC 2011(Vol.34)】注目の太陽光発電、シャープが高効率の「BLACKSOLAR」展示

 太陽光発電へ各社が注目するのは、エコの高まりばかりではなく補助金制度のためでもある。

【CEATEC 2011(Vol.22)】まもなく1.5兆円市場の太陽光発電、京セラは自社開発にこだわる 画像
エンタープライズ

【CEATEC 2011(Vol.22)】まもなく1.5兆円市場の太陽光発電、京セラは自社開発にこだわる

 2009年の売電制度スタート以来、住宅用太陽光発電システムの市場は大きく拡大している。先頃、矢野経済研究所が発表したデータによると、2010年度の太陽光発電システムの国内市場規模は前年度比で1.7倍の6553億円。

世界最大、ロンドンのソーラーブリッジに三洋電機モジュール 画像
エンタープライズ

世界最大、ロンドンのソーラーブリッジに三洋電機モジュール

三洋電機は、英国ロンドン市内のテムズ川に架かる橋上にあるブラックフライアーズ駅の再開発プロジェクトに同社製のHIT太陽電池モジュールが採用されたと発表した。

太陽光発電による電力を見える化した小型端末 コンテックが開発 画像
エンタープライズ

太陽光発電による電力を見える化した小型端末 コンテックが開発

コンテックは、太陽光発電計測のシステム開発事業で培ってきた実績をベースに、発電電力の計測やデータ表示/保存など「見える化」に必要な機能を集約した小型端末『ソーラー・ビュー・コンパクト』を開発、11月1日から販売すると発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
Page 4 of 7
page top