貸切バス事業者、ASVとデジタル式運行記録計の導入へ国交省が支援 | RBB TODAY

貸切バス事業者、ASVとデジタル式運行記録計の導入へ国交省が支援

IT・デジタル その他

(イメージ)
  • (イメージ)
国土交通省は、軽井沢スキーバス事故の発生を受けた対策を踏まえ、ハード面の安全対策による事故防止の促進を行うため、貸切バスに対しASVとデジタル式運行記録計の導入を支援するため、12月1日に自動車事故対策費補助金の申請受付を開始する。

2016年度補正予算で計上された事故防止対策支援推進事業を活用する。

先進安全自動車(ASV)導入に対する支援は、衝突被害軽減ブレーキ、ふらつき注意喚起装置、車線逸脱警報装置車線維持支援制御装置、車両安定性制御装置の装備などで、補助率は装置価格の2分の1から3分の1(装置ごとに上限あり)。

運行管理の高度化に対する支援は、国土交通大臣が認定したデジタル式運行記録計の導入経費。補助率は経費の3分1で上限が車載器が3万円、事務所機器が10万円。

受付期間は12月1日~2017年2月28日。申請受付期間中に申請総額が予算額に達する場合、申請受付期間であっても申請受付を終了する。

貸切バス事業者のASV、デジタル式運行記録計の導入---国土交通省が支援

《レスポンス編集部@レスポンス》

特集

page top