米Boston Dynamicsのロボット「Atlas」がさらに人間ぽい動きに進化 ものを掴んで届けられるように | RBB TODAY

米Boston Dynamicsのロボット「Atlas」がさらに人間ぽい動きに進化 ものを掴んで届けられるように

IT・デジタル ネタ

 米ロボットメーカーBoston Dynamicsが19日、二足歩行ロボット「Atlas」の新しい動作ビデオを公開した。



 映像では、Atlasと名付けられたこのロボットが、様々な障害をクリアして、人間に荷物を届ける様子が収められている。これまでも人間のような動きで注目を集めてきたAtlasだが、公開された動画に収められている動作はまさに人間そのもの。ジャンプしながら反転したり、リズミカルに階段を上ったり、うまく手で荷物を掴んで届けたりと、様々な動作を自由自在にやり遂げている。



 Atlasのデモ映像が完成するまでの舞台裏に迫ったメイキング&インタビュー映像も公開されている。そこでは、あらゆる動作を作り上げることの難しさが技術者目線で語られている。例えば、今回注目の物を掴むという一見簡単に思える行為。物を掴むには、対象となる物体との距離や質量を逐一考え、しかもそれを運ぶとなると、力の入れ具合やバランスを絶え間なく改善する必要があるそうだ。デモ映像ではすべての動作を完璧に成し遂げているAtlasだが、技術者たちのすさまじい努力がこれを支えていることが分かる内容となっている。
《KT》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top