「もはや、どうしていいか分からない」広瀬すず、女優として深刻な悩みを告白 | RBB TODAY

「もはや、どうしていいか分からない」広瀬すず、女優として深刻な悩みを告白

エンタメ その他
広瀬すず【撮影:小宮山あきの】
  • 広瀬すず【撮影:小宮山あきの】

 広瀬すずが、15日放送の『日曜日の初耳学』(TBS系)に出演。数年前から抱えているという、知られざる苦悩を明かした。

 林修から「今だから語れる挫折は?」と聞かれると、「まさに今ですね」と回答した広瀬。理由として「感情が湧いてこない」とも打ち明けた。これに林が「もう少し詳しくご説明いただけると…」と求めると、広瀬は「相手からもらう感情だったら、どこまででも頑張れるが、自分から怒るとか『なんでですか!』というシーンが何もできない」と述べた。

 つまり、“演技”として怒りや悲しみを表現することはできるが、その感情が、自分の内側から湧き上がってこないという。これについて彼女は「(周囲から)『みんなが通る道なんじゃない?』と言われたりするが、もはや、どうしていいか分からない」と吐露。

 その背景として、「人生経験が少ない」ことを挙げた広瀬。「14歳から仕事をして就職の感覚も知らないし、高校受験も知らない、学校生活も人よりも足りない」と言及。「自分で道を選んで、こういうふうになるんだと夢を持ったりするより、人に導いてもらう時間が多かった」とも述べ、“心のひだ”が少ないと告げた。

 また彼女は、最近、精神的にキツくなってきたときに「頑張らなくていいよ」と言われることが多くなったと説明。この“頑張らなくていい”という言葉が、「自分の気持ちの“苦しい”を分散させる方法」であると発見したようで、気持ちのバランスを保てるようになったと話していた。




《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top