倖田來未、歌の原点はChara 歌手生命の危機も救ってもらう | RBB TODAY

倖田來未、歌の原点はChara 歌手生命の危機も救ってもらう

エンタメ 音楽
倖田來未【撮影:小宮山あきの】
  • 倖田來未【撮影:小宮山あきの】
※抽選でAmazonギフト券をプレゼント!「ケーブル・アワード2022」投票受付中!【PR】

 倖田來未が、13日放送の『MUSIC BLOOD』(日本テレビ系)に出演。歌手生命の危機と、それを救ってくれたアーティスト・Charaとのエピソードを明かした。

 それまで「歌には自信があったので、割と我流でやっちゃってるところがあった」という倖田。すると2015年頃から思うように声が出なくなってしまったという。

 さらには音がつかめず、歌い出しのタイミングがずれてしまうことも。これに彼女は「来年歌えないんじゃないか」と危機感を抱いたそう。一因として倖田はライブ中、自分の歌声やバンドの演奏を聴くための「イヤモニ」を挙げた。次第にここからの音声が大音量でも耳が慣れてしまい、耳を悪くしてしまっていたよう。

 そんな悩みを相談した相手が、コラボをするほど親交が深かった先輩アーティスト、Chara。すると彼女から「イヤモニで全ての音を聞くのではなく、ドラムとベースの音だけ聞けばいい」とアドバイスさる。これを実践した結果、「耳の中が、ものすごく小さい音でいけるようになった」「自分らしく今は歌える」と感謝した。

 倖田がCharaを初めて聴いたのは小学校高学年の時。ファンキーで時には露出もいとわないファッション。音楽以外でも唯一無二の自分を表現する彼女に憧れたという。またデビュー当初、売れずにもがいていた時に、Charaのようなオンリーワンな魅力を探した倖田は「エロかっこいい」につながったと話していた。
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top