『DCU』出演の横浜流星、意外な弱点にスタジオ驚き「泳ぐのが苦手でして…」 | RBB TODAY

『DCU』出演の横浜流星、意外な弱点にスタジオ驚き「泳ぐのが苦手でして…」

エンタメ その他
横浜流星【撮影:こじへい】
  • 横浜流星【撮影:こじへい】
【PICK UP】

 横浜流星が、15日放送の『王様のブランチ』(TBS系)に生出演。意外な弱点について明かした。

 明日16日から始まる日曜劇場『DCU』(同系)の告知に、主演の阿部寛を始め、中村アンとともに登場した横浜。同作は、海上保安庁に新設された水中事件や事故の捜査を行う架空のスペシャリスト集団「DCU」が未解決事件を解き明かす“水中ミステリー”。撮影では実際に海の中でも行われていることについて、佐藤栞里が「皆さんはスキューバダイビングのライセンスは持っていたんですか?」と尋ねた。

 これに対し阿部は、ライセンスは30年前に取得していると語った上で、「今回2ヵ月かけて、もう1回鍛え直した」と回答。さらに「本当に寒くて、大変でした」と苦労も吐露した。佐藤は事前にドラマを見ていたようで、「ただの水の中というか、雨と風に吹かれて、過酷な中での撮影というのが印象的だった」と感想。すると阿部は、「流星君とかは極寒の海の中に飛び込んでいった」と壮絶な撮影を告白した。

 これを受けてオリエンタルラジオ藤森慎吾が、横浜に向けて「運動神経はいいと思いますけど、水の中だと全然違いますか?」と質問。彼は「全然、体力は大丈夫なんですけど泳ぐのは苦手でして」とポツリ。藤森は「えっ、致命的じゃないですか!」と驚き、佐藤も「あれ?」と拍子抜け。横浜は「でも(昨年)8月にライセンスを取得して、そこから水を克服した」と答えていた。
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top