浜辺美波が爆弾発言!「チームの勝ちはどうでも良くなっちゃって」.......今夜の『ネプリーグSP』 | RBB TODAY

浜辺美波が爆弾発言!「チームの勝ちはどうでも良くなっちゃって」.......今夜の『ネプリーグSP』

エンタメ その他
浜辺美波(C)フジテレビ
  • 浜辺美波(C)フジテレビ
  • 左から)原田泰造、伊藤沙莉、堀内健、菅田将暉、尾上松也(C)フジテレビ
  • 左から)尾上松也、菅田将暉(C)フジテレビ
  • 左から)浜辺美波、瀧本美織(C)フジテレビ
  • 左から)浜辺美波、稲田直樹、柄本佑、瀧本美織、河井ゆずる(C)フジテレビ
  • 左から)菅田将暉、名倉潤、伊藤沙莉、尾上松也、堀内健(C)フジテレビ
  • 左から)菅田将暉、浜辺美波(C)フジテレビ
  • 菅田将暉(C)フジテレビ
【PICK UP】

 10日19時からは、『ネプリーグSP』(フジテレビ系)が放送される。 

 今回は、月9『ミステリと言う勿れ』チームVS月10『ドクターホワイト』チームの新月曜ドラマ対抗超常識バトル。『ミステリと言う勿れ』チームは、ネプチューン(名倉潤、原田泰造、堀内健)に加え、菅田将暉、伊藤沙莉、尾上松也が集結。対する『ドクターホワイト』チームは、浜辺美波、柄本佑、瀧本美織、アインシュタイン(稲田直樹、河井ゆずる)が参戦する。

 1stステージは、音楽のリズムに合わせて、ことわざや略語などの問題をテンポよく答える「ノンストップDJ」。最初に挑戦するのは、キャプテン・菅田が率いる『ミステリと言う勿れ』チーム。初登場の伊藤は「分かっていても緊張して(答えが)飛んでしまいそう…」と不安な表情をみせ、尾上も「恥だけは、かかせないでください」と弱気の姿勢。しかし、弱気な発言とは裏腹に、着実に正解をしていく月9俳優陣。

 対する月10『ドクターホワイト』チームは、キャプテン・浜辺が、「チームの勝ちはどうでも良くなっちゃって、誰か間違えないかな?って、思っている」とキャプテンらしからぬ爆弾発言で周囲を驚かす。また、医療関連の英語を和訳する問題が出題されると、月10チームは医療ドラマに出演しているだけに絶対に間違えられない問題だが、浜辺がまさかの失態を犯す。

 2ndステージは、あらゆる分野から出題された問題にひとり1文字ずつ解答し、全員で5文字の答えを完成させる「ハイパーファイブリーグ」。月9チームのキャプテン・菅田は「チーム力はこっちの方があると思います。向こうのキャプテン(浜辺)は、身内の失敗を祈ってるから…(笑)強いて言うなら、松也さんが落ち着いて解答してくれれば大丈夫かな」とコメント。そんな不安要素となる尾上だが、1stステージのミスを挽回するように、冷静に解答。順調に得点も重ねていき、チームも一致団結していい流れに。一方の月10チームは、物理学者に関する問題でキャプテン・浜辺がまたもや大苦戦。思わず「しんど…」と本音をこぼす一幕も。

 3rdステージは、各チームの代表者が2名ずつ出て、一般人300名に聞いたアンケートのベスト5に入る解答を当てる「トイエバーセンス」。1回戦は、月9チームから菅田と伊藤、月10チームからは浜辺と柄本が挑戦。伊藤は、実の兄である芸人のオズワルド・伊藤俊介が出演した『M-1グランプリ2021』(テレビ朝日系)を実家で家族と見たというが、「2本目のネタをやった時点でみんな青ざめてた。これは逃したな、と思いました」と辛口発言で年末の思い出を振り返る。

 その後のステージ、「パーセントバルーン」「ハイパーボンバー」では、世の中の意外な%を当てる問題や漢字の送り仮名を答える問題などが出題。月9チームが最終決戦で底力を発揮し、一気に点差を広げる。追い込まれた月10チームは、最後の粘りを見せることができるのか?
《KT》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

page top