前澤友作氏、宇宙滞在を経て胸中変化「地球を大事にしようと思った」 | RBB TODAY

前澤友作氏、宇宙滞在を経て胸中変化「地球を大事にしようと思った」

IT・デジタル その他
前澤友作氏 ©TASS/Roscosmos
  • 前澤友作氏 ©TASS/Roscosmos
  • ©TASS/Roscosmos
  • ©TASS/Roscosmos
 株式会社スタートトゥデイ 代表取締役の前澤友作氏が22日、オンラインにて開催された『前澤友作 ISSプロジェクト 帰還報告記者会見』に出席。ロシアから中継を結び、各種動画サイトでも一般公開された。

 民間の日本⼈として初めて、ISS(国際宇宙ステーション ※地上から約400km上空に建設された巨大な有⼈実験施設)に12日間滞在した前澤氏。今月20日に地球へと帰還したが、その感想を問われると「短かったです。どうしても慣れるまでに3、4日かかるじゃないですか。慣れてからは8日ほどしかいられなかったので、もう少しいたかったです。理想を言えば20日。でも、30日は長い」とした。

 そんなISSでは100個やることを決めていたが、実際には70~80個達成で終了。どんなことをしたのか訊ねられたものの「(前澤氏の)YouTubeをご覧ください」と宣伝して笑いを誘った。

 宇宙飛行をしたことで、日常生活での考え方に変化が。「地球を大事にしようと思いました。地上でも、缶詰を食べた後は小さく折り畳むようにしたいと思います。ゴミはしっかり分別します」と宣言。

 また、彼の夢が「世界平和」だということから、実現するためにはどうすればよいかと問われた際には「特に国を動かすような偉い方々に宇宙に行っていただきたいです。宇宙から地球を見ると、お考えもいろいろ変わられるかもしれませんので」と回答。現地のキャスターから、視聴者の大部分が前澤氏の意見に賛成しているはずだと言われると、小さくガッツポーズをしていた。
《浜瀬将樹》

関連ニュース

特集

page top