吉田鋼太郎、小栗旬の父親役で日曜劇場『日本沈没』出演決定 | RBB TODAY

吉田鋼太郎、小栗旬の父親役で日曜劇場『日本沈没』出演決定

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 10月10日スタートの日曜劇場『日本沈没ー希望のひとー』(TBS系)に、吉田鋼太郎の出演が決定した。


 同ドラマの原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作『日本沈没』。刊行の翌年にはTBSでテレビドラマ化され、それ以降もドラマのみならず映画やアニメ、漫画など様々なかたちで語り継がれてきた。刊行から48年の時を経て、この原作に大きくアレンジを加えて新たに放送される。主人公を含め、登場人物もオリジナルキャラクターとなっており、2023年の東京を舞台に物語が展開される。

 撮影は今年の春にすでに終了している同作。このたび、小栗旬演じる主人公・天海啓示の父、天海衛役で吉田鋼太郎が決定した。吉田が演じる衛は四国の小さな漁師町の漁師で、漁業長として組合をまとめていた。エルニーニョ現象による海水温度上昇で漁獲量が激減して、自身を含め大半の漁師たちが職を失いかけていた時には、先頭に立って町の役人に交渉するリーダーシップがある人物。息子・啓示にとって誇れる父親であり、衛にとっても、町の子どもたちのほとんどが漁師を目指す中で人一倍勉学に勤しむ啓示は誰よりも可愛い存在だった。

 今回、吉田が演じる衛は、啓示が官僚を目指すことになったきっかけに大きく関わる人物で、啓示のキャラクターを語る上で切り離すことができない役どころ。物語の中でも重要な意味を持つことになっていく。吉田は「普段から親しくしており、俳優として活躍著しい小栗旬主演の話題作に出演させていただくことになり本当にうれしく気合いが入りました。本音を言えばレギュラーで関わらせていただきたかった(笑)ですが、台本を読み非常に演じ甲斐のある役どころでもあり、少しでも作品のお力になれればと精一杯やらせていただきました。どうぞご期待ください」とコメントを寄せている。
《KT》

関連ニュース

page top