橋本環奈と栗原類が禁断の恋?『劇場版ルパンの娘』ワンシーン公開 | RBB TODAY

橋本環奈と栗原類が禁断の恋?『劇場版ルパンの娘』ワンシーン公開

エンタメ 映画・ドラマ
(C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会
  • (C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 『劇場版 ルパンの娘』が10月15日に公開される。このほど、北条美雲(橋本環奈)と三雲渉(栗原類)の急接近を予感させる新場面写真が解禁された。


 代々泥棒一家である “Lの一族”の娘・三雲華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた「ルパンの娘」。2015年8月に発売された同名小説を原作に、2019年7月よりフジテレビ系列にてドラマ1作目の放送がスタート。翌2020年にはドラマ2作目が放送。泥棒一家と警察一家に加え、新たに代々名探偵一家である北条家の娘・北条美雲(橋本環奈)が登場した。今作はその続編にして、最終章。

 解禁された新場面写真は、名探偵一家の娘・北条美雲(橋本環奈)と、代々泥棒一家“Lの一族”の長男・三雲渉(栗原類)がくりなす、“もう一つの禁断の恋”の進展を予感させるようなワンシーン。“あの常にキリッとした”美雲が、艶のある表情で渉の肩を抱き、誘惑しているような姿がとらえられている。

 渉は“Lの一族”の長男であり、正式な後継者だが、筋金入りの引きこもり。初めは両親にも呆れられていたが、妹の三雲華(深田恭子)と桜庭和馬(瀬戸康史)の結婚をきっかけに、“Lの一族”を継ぐことを決意。婚活アプリに登録し、実際に女性との出会いを求め、行動を起こす中、偶然にも出会った美雲に一目惚れしたのが渉の恋の始まり。その後も美雲を想い続け、数々のアピールをし続けてきたが、美雲が振り返ることもなく2人の関係が発展することもなかった。渉を全く意識せず、恋の予感すら皆無だった美雲であったが、今回解禁された新場面写真では、三雲の方から積極的に渉に接近している様子が窺える。目をトロンとさせ、頬を赤らめて渉を誘惑するセクシーな姿は、これまで見たことのない美雲の新しい一面だ。

 ちなみに、このシーンは、今回の劇場版でキーとなる“もう一人のLの一族”の存在について、何やら三雲が秘密を掴んでいると知り、渉が美雲の住むアパートを訪れるワンシーン。そこで渉は美雲から情報を聞き出そうとするのだが、「一緒にお風呂入りまひょか。ほな、うちとちゃぷちゃぷしまひょ」と美雲が頬を赤らめ、渉を突如、誘惑する。突然の三雲の変貌の理由とは?そして、「ちゃぷちゃぷしまひょ」という言葉の意味とは何なのか!?美雲の誘惑に対し内心嬉しいはずだが、“もう一人のLの一族”の情報を聞き出したい渉のなんともいえない表情にも注目。

 同シーンの撮影について橋本は「今回の美雲ちゃんの見どころの一つですが、撮影では一番難しかったです」と振り返り、狙いすぎると面白くならないコメディ特有の塩梅に苦労し、監督と幾度も相談をして挑んだという。一方栗原は、橋本と共演経験があったことから、「何の心配もなく、安心して演じることができました」と振り返っている。
《KT》

関連ニュース

page top