和田アキ子、石橋貴明・鈴木保奈美の離婚に「夫婦それぞれの道がある」 | RBB TODAY

和田アキ子、石橋貴明・鈴木保奈美の離婚に「夫婦それぞれの道がある」

エンタメ その他
和田アキ子 (Photo by Christopher Jue/Getty Images)
  • 和田アキ子 (Photo by Christopher Jue/Getty Images)
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 和田アキ子が、17日放送の『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)で、石橋貴明と鈴木保奈美の離婚に言及した。


 昨夜、YouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』で、鈴木と離婚したことを報告した石橋。これについて和田は「もう、いうてもも59歳と55歳ですから」と、石橋と鈴木、熟年同士の決断に異論はないもよう。

 さらには「まあでも、夫婦それぞれのあり方があるからねぇ…子育ても一段落したっていうことで、それぞれの道がありますけど」と語り、「なんだろう…うちもねぇ結婚して40年経ちますけど、ホントに喧嘩ばっかりしてますからねぇ」と、自身の夫婦生活について、しみじみ。

 垣花正から「(和田夫婦は)ケンカの内容、仕方が可愛い。仲が良いとしか思えない」と指摘されると、和田はそこから夫への不満が爆発。「腹立つんですよ、ホントに。もう、しゃべることがないんですよ。そうなると、夫婦もダメですね」と、すでに諦め気味。

 垣花から「(喧嘩の内容が)リビングルームの大きなテレビをどっちが取るかとか」と言われると、和田は思い出したように、いつもは野球を見るためにテレビを独占している夫が、ひいきにしているチームが負けていると、テレビを譲ってきたことがあったと憤慨。「負けてるときだけ『いいよ』って…」と嘆き、「テレビもう1台買います」と、笑いながら決意表明していた。
《杉山実》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top