テレ東で新グルメドラマ!主演・飯豊まりえが“ボッチ飯”を食べ尽くす | RBB TODAY

テレ東で新グルメドラマ!主演・飯豊まりえが“ボッチ飯”を食べ尽くす

エンタメ 映画・ドラマ
(C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 テレビ東京は、新ドラマ『ひねくれ女のボッチ飯』を29日6時からParaviにて配信。地上波でも放送すると発表した。


 これまで、『孤独のグルメ』シリーズ、『きのう何食べた?』、『忘却のサチコ』など、数々のグルメドラマを生み出してきた同局。今作は、「ボッチ飯」の素晴らしさに触れながら巻き起こる、大きな勘違いとすれ違いの恋が描かれるストーリー。コメディ要素満載で、気軽に楽しめる作品となっている。主演は、飯豊まりえ。今作がテレ東ドラマ初主演。飯豊が演じるのは、人づきあいが苦手で友達もいない、ひねくれ女の川本つぐみ。

 相手役には、実力派俳優、柄本時生が決まった。柄本が演じるのは、「ホワイトホース」というアカウント名でインスタグラムにて食事の写真を投稿する男・白石一馬。飯豊演じる川本つぐみの白馬の王子様になる?!柄本と主演の飯豊とは、『誘拐法廷~セブンデイズ~』(2018年)以来、2年ぶりの共演。

 飯豊演じる川本つぐみは、「ホワイトホース」という名のインスタグラムのアカウントに出会う。顔も名前もわからないが、よくある料理なのに妙に魅力的な食事の写真と、自分と似ている理不尽な境遇が綴られた投稿に魅力を感じ、「ホワイトホース」を自分の「白馬の王子様」だと信じる。王子と同じものを食べるために、ボッチ飯をするつぐみは、それが日々の楽しみになっていく。王子もまた、つぐみから来る唯一の「いいね」が楽しみになり…。

 飯豊は、「コロナ禍で一人ご飯をされる方も今たくさん増えてきていると思います。私もほとんど一人ご飯です。でも、お店やご飯が人と人との心を温かくして、繋げてくれるものだと改めて思える作品です。そんな一人ご飯への印象がまた更に素敵に感じます。また、おいしいご飯がたくさん登場するのも注目ですが、女の子がなかなか一人では入りづらい居酒屋さんなどにもガツガツ入っていきます。面白い出会いや経験です。女子のボッチ飯を是非覗き見しちゃってください」と呼びかけた。

 一方の柄本は「すれ違いを使って作られている話はあまり見たことがなくて、これがあったか!と驚きました」と同作についてコメント。「ご飯のお話で、口コミの物語でもあると思うので、これを機に、口コミを見て遠くまで足を運ぶこともありなんじゃないかなと思います。楽しくなるよう頑張るので、是非、ご覧ください」と語った。
《KT》

関連ニュース

page top