台湾在住の大久保麻梨子、13年ぶり日本映画出演!「いつか重厚な日本作品に出演したい」と意気込みも | RBB TODAY

台湾在住の大久保麻梨子、13年ぶり日本映画出演!「いつか重厚な日本作品に出演したい」と意気込みも

エンタメ 映画・ドラマ
台湾在住の大久保麻梨子、13年ぶり日本映画出演!「いつか重厚な日本作品に出演したい」と意気込みも
  • 台湾在住の大久保麻梨子、13年ぶり日本映画出演!「いつか重厚な日本作品に出演したい」と意気込みも
  • 台湾在住の大久保麻梨子、13年ぶり日本映画出演!「いつか重厚な日本作品に出演したい」と意気込みも
  • 台湾在住の大久保麻梨子、13年ぶり日本映画出演!「いつか重厚な日本作品に出演したい」と意気込みも
  • 台湾在住の大久保麻梨子、13年ぶり日本映画出演!「いつか重厚な日本作品に出演したい」と意気込みも
  • 台湾在住の大久保麻梨子、13年ぶり日本映画出演!「いつか重厚な日本作品に出演したい」と意気込みも
  • 台湾在住の大久保麻梨子、13年ぶり日本映画出演!「いつか重厚な日本作品に出演したい」と意気込みも
  • 台湾在住の大久保麻梨子、13年ぶり日本映画出演!「いつか重厚な日本作品に出演したい」と意気込みも
  • 台湾在住の大久保麻梨子、13年ぶり日本映画出演!「いつか重厚な日本作品に出演したい」と意気込みも
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 台湾に移住して10年になる女優・大久保麻梨子が、約13年ぶりに日本の映画に出演している


 大久保は2日公開の映画『種まく旅人~華蓮のかがやき~』に出演。同作は、美しい金沢の大自然が舞台で、農家における素晴らしい日本の伝統文化と人と人との暖かい繋がりが感じられる作品。作中では、平岡祐太演じる山田良一の婚約者、凛を演じている。

 久しぶりの日本映画出演となった大久保だが、台湾移住のきっかけについては、「18歳の時に芸能の仕事を始めて、忙しくさせていただいた時期もあったのですが、ふと時間が空いた時に、外国語を話せる自分に今からでもなりたいなと思い、中国語の勉強をスタートさせました。一度中国語を話す環境に行ってみようと、台湾へ3泊4日の一人旅へ出かけ、帰りの飛行機ではもう台湾に住んでみようと決意していました。この街が好きだなぁ、ここで頑張ってみたいと直感しました」とコメント。

 台湾における現在の活動については「言葉が話せるようになってからは、ドラマのお仕事をさせていただくようになりました。連続ドラマ『幸福不二家』では主人公をやらせていただいたり、台湾映画『血觀音』『澤水困』などに出演しました。それから、台湾在住の日本人妻にお話を聞いていく番組の司会をやらせていただいたり、台湾人のお父様と日本人のお母様を持つ一青妙さんのエッセイを元にした舞台劇では、一青さんのお母様役を演じさせていただきました」と、近況を明かした。

 そして、気になる台湾での生活だが「台湾生活ももう10年になるのでだいぶ戸惑うこともなくなりましたが、市場で買い物をする時、みんなバイクに乗ったまま買い物をする姿は、台湾ならではの風景だなぁと思います。気をつけていないと真剣に野菜の品定めをしているうちにぶつかりそうになります」と、随分慣れた様子。約13年ぶりの日本映画については「台湾で撮影する時とはまた違った緊張感がありました。スタッフの方もキャストの方も集中力がすごくて、現場でのピリっとした空気感は背筋が伸びるとともに、とても心地いいものでした」と、心境を明かした。

 今作の見どころについては、「日本だけでなく、私の住んでいる親日の台湾はもちろん世界中の方に観ていただきたい映画だなと思います。もちろん、良一と凛の関係に栗山千明さん演じる神野恵子が関わって、2人がどんな決断をするのかも見どころの1つです」とし、今後の活動については「今後も幅広い日本の作品に出演したいです。いつか松本清張さんや池井戸潤さんの作品のような重厚な日本の作品にも出演したいです」と意気込んでいる。
《KT》

関連ニュース

page top