上白石萌歌が音楽番組で初歌唱!透明感ある歌声を響かせる | RBB TODAY

上白石萌歌が音楽番組で初歌唱!透明感ある歌声を響かせる

エンタメ その他
上白石萌歌【写真:浜瀬将樹】
  • 上白石萌歌【写真:浜瀬将樹】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 “adieu”(アデュー)こと上白石萌歌が、29日放送の『CDTVライブ!ライブ!春の4時間スペシャル』(TBS系)に生出演。音楽番組での初歌唱を果たした。


 上白石萌歌の歌手名義“adieu”。このアーティスト名の由来について本人は、フランス語で「さよなら」を意味するとし、作り上げられる歌も、「別れの曲や、刹那的な感情の曲になっている」と話した。

 また「自分自身もこれまで、音楽に心の“ささくれ”を治してもらった」と振り返りながら、「自分の歌が将来的にそういう存在になっていけたら」と抱負を述べた。

 2017年公開の映画『ナラタージュ』の主題歌を歌い、話題になった正体不明の新人アーティスト“adieu”。2019年9月にSNSを通じて、これが上白石の別名義であることを明らかにしているが、音楽番組で歌うのは今回が初めて。

 ステージで披露したのは『よるのあと』。同曲は2019年11月にリリースした初のミニアルバム『adieu 1』からの1曲。TV初パフォーマンスながら緊張した様子も見せず、ピュアで透明感ある歌声を響かせた。

 今回、サブ司会となったのはEXIT。りんたろー。から「音楽番組での初歌唱、いかがでしたか?」と聞かれると、彼女は「思った以上にすごく楽しく歌わせていただきました」と笑顔で答えていた。

《杉山実》

関連ニュース

特集

page top