乃木坂46・堀未央奈が涙のラストステージ | RBB TODAY

乃木坂46・堀未央奈が涙のラストステージ

エンタメ 音楽
乃木坂46・堀未央奈が涙のラストステージ
  • 乃木坂46・堀未央奈が涙のラストステージ
  • 乃木坂46・堀未央奈が涙のラストステージ
  • 乃木坂46・堀未央奈が涙のラストステージ
  • 乃木坂46・堀未央奈が涙のラストステージ
  • 乃木坂46・堀未央奈が涙のラストステージ
  • 乃木坂46・堀未央奈が涙のラストステージ
  • 乃木坂46・堀未央奈が涙のラストステージ
  • 乃木坂46・堀未央奈が涙のラストステージ
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 乃木坂46の2期生エースとして活躍してきた堀未央奈のラストステージとなる2期生ライブが28日に生配信された。


 本来は今年2月に生配信されたライブ「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」で、1期生から4期生まで期別ごとでの開催も予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止策として期別ライブが延期となりこの日に至ったもの。29日には1期生ライブも予定されている。

 ライブでは、ラストステージとなる堀がセンターポジションに立ち、2期生メンバー曲「アナスターシャ」からスタート。ライブ中盤では全員センター企画が開催。ライブ前にメンバーが必ず行う円陣のスローガンとなっている「笑顔」「感謝」「努力」に合わせ、各メンバーが思い入れの楽曲をセレクトし、センターを担った。

 堀は、「2期生メンバー全員が選抜に入れるように頑張っていたのに、13thシングルで2期生メンバーが誰も選抜に選ばれなかった・・・」と、こらえていた涙を流しながら「嫉妬の権利」「今、話したい誰かがいる」を披露。終盤では堀がセンターを務め、「世界で一番 孤独なLover」「ハルジオンが咲く頃」「きっかけ」などをパフォーマンス。本編ラストでは、総合プロデューサーの秋元康が、昨年3月に生配信された「幻の2期生ライブ」のために書き下ろした楽曲「ゆっくりと咲く花」で幕を閉じた。

 アンコールは堀のMCからスタート。自分を支えてくれている母親への思い、そしてメンバーへの思いを語った後、自身初のソロ曲「冷たい水の中」、そして初めてセンターを務めた7thシングル「バレッタ」を2期生メンバーだけで涙ながらに歌唱した。その後のMCで、各2期生のメンバーから堀へのメッセージが贈られた後、母親からの手紙がサプライズとして届けられ鈴木が代読。涙が止まらないMCとなった。

 堀にとって本当に最後となる楽曲は、オープニングでも披露された「アナスターシャ」。この曲の間奏の時に、1期生・3期生・4期生のメンバーが更にサプライズとして登場。堀自身にも知らされておらず、驚きと涙で溢れかえり、ラストステージの幕は閉じた。
《KT》

関連ニュース

page top