『100日間生きたワニ』初の映像解禁!追加キャストに⼭⽥裕貴・ウイカら | RBB TODAY

『100日間生きたワニ』初の映像解禁!追加キャストに⼭⽥裕貴・ウイカら

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会
  • (C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会
  • (C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 5月28日公開のアニメ映画『100日間生きたワニ』より、ポスター及び特報映像が解禁された。


 原作の「100日後に死ぬワニ」は、2019年12月12日から2020年3月20日まで、原作者きくちゆうきのTwitterに100日間毎日投稿された何気ないワニの日常を綴った4コマ漫画。映画では、100日間のワニの日常と、そこから100日後、大切なものを失った仲間たちのその後の姿が描かれる。すでに、主⼈公・ワニの声を神⽊隆之介が担当するほか、ワニの親友のネズミ役を中村倫也、モグラ役を⽊村昴、ワニが恋するセンパイ役に新⽊優⼦と豪華キャストが集結することが明かされている。また、いきものがかりの書き下ろし主題歌「TSUZUKU」が作品を彩る。

 この度解禁されたポスタービジュアルは、ワニがネズミやモグラ、仲間たちと過ごした⽇々をおさめた沢⼭の写真が描かれ、何気なくも愛おしい毎⽇の瞬間がちりばめられているデザインになっている。また、あわせて解禁された特報では、原作の最終話で描かれた花⾒のシーンからはじまり、ワニの過ごした100⽇と、本作で描かれる新しい物語の様⼦が、主題歌「TSUZUKU」と共に描かれており、神⽊、中村、⽊村が息を吹き込んだそれぞれのキャラクターたちの声も確認することができる。

 また、同作を彩る追加キャストが解禁。映画オリジナルの新キャラクター・カエル役に⼭⽥裕貴が決定した。「100⽇後に死ぬワニ」のその後を描いた新たなストーリーで、中村が声をつとめるネズミや、⽊村演じるモグラ達と交流を重ねる重要なキャラクターを演じる。モグラの恋⼈イヌ役にはファーストサマーウイカ、センパイが働くカフェでアルバイトをしているバイトちゃん役には清⽔くるみが決定している。

 山田は出演決定に「話題になっていたので、実際に原作を読んでみたら⽇々の⼤切さに気づかされ、⽇頃の過ごし⽅も変わるような⼒を持った作品だと思いました」とコメント。「映画オリジナルのカエルは僕⾃⾝、台本を読んだ時に異物感があって、皆さんも最初の印象は『なんだこいつ』って感じると思いますが、この物語にとって“新しい⾵”です。残された悲しみ、出会いと別れ、そうしたものを背負った⼈への追い⾵になれたらと思います。また、どれだけ明るくて、笑顔で元気にいる⼈でも抱えているものがあって、⾊々な⼈がそこにいるという事をカエルから感じて貰えたらいいなと思います」と語っている。

 ウイカは「リアルタイムに毎⽇楽しみに読ませて頂いていたので、まさか動くワニ君達とその世界に⼊れるなんて夢にも思いませんでした!中でも、物語をさらに鮮やかにしてくれたイヌさんはとても好きなキャラクターでした。モグラさんとの掛け合いも楽しみです。イヌさんの明るくキュートな雰囲気を出せるように頑張りたいと思います」と意気込み。清水は「個⼈的に近年、⾏間を読ませる作品に出会えていないな、と感じていたのですが、この作品はみる⼈によって⾊々な感情を想像させてくれる素敵な作品だなと思います。このようなご時世ですが、だからこそ⼤切なものに気付かせてくれる、そんな作品になっていると思います。世代を問わず、たくさんの⽅に観ていただきたいです」と呼びかけた。

《KT》

関連ニュース

特集

page top