鈴鹿央士、『ドラゴン桜』“東大専科”生徒役!成績学年トップで他人を見下す性格 | RBB TODAY

鈴鹿央士、『ドラゴン桜』“東大専科”生徒役!成績学年トップで他人を見下す性格

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 4月スタートの日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)に若手俳優の鈴鹿央士が出演することが発表された。


 同作は、2018年から漫画誌『モーニング』(講談社)で連載中の『ドラゴン桜2』が原作。2005年に放送された前作ドラマの原作である『ドラゴン桜』の15年後を描く続編だが、今作では原作にないエッセンスを取り入れたドラマオリジナルの展開が予定されている。主演は前作から引き続き、桜木建二役を阿部寛が演じ、長澤まさみ、及川光博、早霧せいな、江口のりこ、佐野勇斗の出演が発表されている。

 すでに、“東大専科”の生徒役として南沙良、細田佳央太、志田彩良の出演が発表されているが、鈴鹿はこれに続く4人目。鈴鹿は2019年に初出演した映画『蜜蜂と遠雷』で第43回日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ、映画関連の新人賞を5つ受賞。昨年放送の金曜ドラマ『MIU404』では事件の鍵を握る高校生を演じた。今作で鈴鹿が演じるのは、成績が学年トップの藤井遼。優秀ゆえに他人を見下す癖があり、周りから浮いている。内に秘めた焦りや臆病な部分を桜木にどうさらけ出していくのか?

 鈴鹿は「日曜日に『ドラゴン桜』を観て、月曜日から頑張ろうと思っていただけたらいいなと思いますし、そこに自分が携われることを幸せに感じています。世の中が大変な状況のなかで、受験生の方をはじめ、学生や社会人の皆さんを元気づけられる作品になるよう、頑張って演じていきます」と意気込んでいる。
《KT》

関連ニュース

page top