小日向文世&草刈民代、4月スタートの月9ドラマ『イチケイのカラス』出演決定 | RBB TODAY

小日向文世&草刈民代、4月スタートの月9ドラマ『イチケイのカラス』出演決定

エンタメ 映画・ドラマ
左から)小日向文世、草刈民代
  • 左から)小日向文世、草刈民代
  • 小日向文世
  • 草刈民代
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 4月スタートの新ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)より、追加キャストが発表された。


 同ドラマでは、竹野内演じる東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の型破りな刑事裁判官・入間みちおと、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走する刑事裁判官・坂間千鶴(黒木華)、書記官・石倉文太(新田真剣佑)らイチケイメンバーの活躍が描かれる。

 このほど、イチケイの部長であり、みちおが師と仰ぐ伝説の刑事裁判官・駒沢義男を小日向文世が演じることが決定。また、エリート中のエリート、最高裁判所判事・日高亜紀を草刈民代が演じることが決定した。小日向が演じる駒沢義男は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部の部長。任官してから30年以上ずっと刑事裁判官一筋のベテランであり、いつもニコニコと笑みを絶やさず、ユーモアに満ちた温厚な人物。マイペースなみちおを温かく見守り、時にはみちおに反発する坂間を諭し導いていく。

 出世コースに縁が無いまま、62歳にしてイチケイの部長止まりである駒沢だが、実は有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判において、30件あまりの無罪判決に関わっている伝説の裁判官。かつてみちおが弁護士バッジを捨てるきっかけとなったある事件の裁判にも深く関わっており、みちおを裁判官の道へ導いた師でもある。互いに信頼を寄せ合い、固い絆でつながるみちおと駒沢。徐々に明らかになっていく、みちおと駒沢の知られざる過去、そしてその時2人が誓った野心とは?

 一方、草刈民代が演じる日高亜紀は最高裁判所判事。最高裁判所長官1名、最高裁判所判事14名の計15名で構成される最高裁判所裁判官において、女性初となる最高裁判所長官のポストに最も近いと言われている超エリート。坂間の司法研修所時代の上席教官であり、同じ長崎県出身の女性裁判官として、何かと坂間のことを気に掛けている。坂間にはいずれ、司法のトップである最高裁事務総局でキャリアを積んでほしいと考えており、事件の処理件数が信じられないほど少ないイチケイを立て直すために坂間を送り込んだ。そんな日高のことを坂間は尊敬し慕っており、彼女の前ではつい長崎弁が出てしまうほど気を許している。

 実は、この日高こそが、みちおが弁護士バッジを捨てるきっかけとなった裁判で裁判長を務めていた人物。長い月日がたった今でもなお、みちおにとって日高は因縁の相手であり、一方、日高にとってもみちおの存在は目障りであり、坂間を使ってみちおに関する情報を収集しようとするなど警戒心を抱いている。みちおの人生を大きく狂わせた日高とは一体何者なのか?最高裁のエリートの裏の顔が次第に明らかになっていく。

 小日向は、「刑事裁判官と書記官がメーンのドラマは今までにない新しい試みだと思いました。駒沢は柔らかい人柄で、裏表なく、真実に対してとにかく真面目に向き合っている人です。自分が裁判官の道に引っ張ったみちおと、イチケイに新しく入ってきた坂間の2人を、まるで自分の子供かのようにほほえましく見守っている、そんな温かい存在でありたいと心がけています」と自身の役柄についてコメント。一方の草刈は「米連邦最高裁判事だったルース・ベイダー・ギンズバーグさんのドキュメンタリー番組を見て、“なんてカッコいい人だろう”と思っていました。それが、まさか自分が最高裁判事を演じることになるなんて。日本に15人しかいない特別な存在です。イチケイの個性豊かな裁判官とはまた違うタイプの裁判官の姿をお見せできればいいなと思っています」と意気込んだ。

 ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)は、4月スタート。毎週月曜21時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top