ロッテ「ガーナ」のバレンタイン向け新商品開発現場を取材......今夜放送『セブンルール』 | RBB TODAY

ロッテ「ガーナ」のバレンタイン向け新商品開発現場を取材......今夜放送『セブンルール』

エンタメ その他
ロッテ チョコレート研究員・村松美紀さん(C)関西テレビ
  • ロッテ チョコレート研究員・村松美紀さん(C)関西テレビ
  • ロッテ チョコレート研究員・村松美紀さん(C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • YOU(C)関西テレビ
  • 尾崎世界観(C)関西テレビ
  • 長濱ねる(C)関西テレビ
  • 青木崇高(C)関西テレビ
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 9日23時からは、『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系)が放送される。


 今回は、チョコレート売り上げナンバー1ブランドとして知られるロッテの看板商品「ガーナ」の、バレンタインに向けた新商品開発現場に密着。取材するのは、埼玉県さいたま市にあるロッテ浦和工場の中央研究所で、理想の味を追求するチョコレート研究員・村松美紀さん。入社以来、「パイの実」「コアラのマーチ」「トッポ」などの人気商品に携わり、2年前からは「ガーナ」を担当する。

 50年以上の歴史を持つ看板商品の研究員になれるのは2400名を超える社員のうち、選び抜かれた5名のみ。村松さんは現在、25種類の商品が展開される「ガーナ」チームで部下4名を束ねるリーダーを務め、味の改良や新商品の開発など、すべての味作りを任されている。

 今回、ガーナの新商品開発現場にカメラが入る。研究チームのメンバーが日々新たな味を模索し、イメージを具現化させていく姿や、チョコレートへの愛情、「味覚」を維持するための努力を映し出す。半年以上かけて準備したバレンタイン向けの新商品、いちごパウダー入り「ガーナピンクチョコレート」の味は、所長の最終チェックに合格できるのか?
《KT》

関連ニュース

page top