爆問・太田、相方・田中の病状説明「今は全然大丈夫です」 | RBB TODAY

爆問・太田、相方・田中の病状説明「今は全然大丈夫です」

エンタメ その他
太田光【撮影:こじへい】
  • 太田光【撮影:こじへい】
 爆笑問題の太田光が、MCを務める24日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、くも膜下出血と脳梗塞と診断され入院中の相方・田中裕二の状態について、「今は全然大丈夫です。食事も普通に食べて、お医者さんと会話もしてます」と説明した。

 田中は1月20日2時ごろ、自宅で頭痛を訴えて救急搬送され、くも膜下出血、脳梗塞と診断され入院した。

 太田は、その直前の19日夜収録されたTBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』での田中の様子について、「たまたまあのラジオで、いつも言わなきゃいけないところを間違えた。『おまえ最近ボケが…。老化か何か知らないけど、脳ドック行けば』と言ったら、『毎年脳ドック行ってるんだよね。たぶんバカなんだと思う』と答えていた」と話した。

 田中の救急搬送については田中の妻の山口もえからの電話で知らされたといい、「夜中に起こされて、また寝たんですよ僕は。そうしたら、20分ぐらいして、脳梗塞だったらしいと。そこから大変です」とした上、「病院に着いたときには既に治っていた。血も引いてた。傷もふさがっていると。ただ一瞬、もえちゃんいわく『天を仰いだ瞬間がある』と…」と明かした。

 太田はさらに、「血圧を下げる薬は投与しているという話だが、ワイドショーも、あいつは自分が好きだから自分のニュースは全部見ていて、ネットも全部見ている。『お菓子王子返上』とかやめてくれと言っている」と語った。

 タイタン所属の奥仲哲弥医師は補足して、「動脈瘤破裂ではなく脇漏れで、おそらく病院に行ったときは傷はふさがっていたと思う。血栓も自然に溶けて、脳梗塞も一過性だったと思う。場所が良かったのと傷が小さかった。おそらく後遺症もなく、良い状態ではないか。1週間後、再発がないかチェックして、自宅で1月程度様子を見てからは、番組にも出られるのでは」と話した。

 また、「田中さんも本来起きえない場所に炎症が起きた。これはやっぱり新型コロナによって血管が脆弱になっていたということは否定できない」と述べ、田中が昨年夏に感染した新型コロナウイルスの後遺症の可能性もあるとした。
《角谷》

関連ニュース

page top