鬼頭明里、下積み時代はバイト先でも家でもラーメン尽くし 「好きすぎて…」 | RBB TODAY

鬼頭明里、下積み時代はバイト先でも家でもラーメン尽くし 「好きすぎて…」

エンタメ その他
 声優の鬼頭明里が6日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演し、ラーメンが好きすぎて家でもアルバイト先でもラーメン尽くしだった下積み時代を振り返った。

 アニメ『鬼滅の刃』では、主人公・竈門炭治郎の妹で鬼にされてしまった禰豆子役を演じた鬼頭。声優の仕事で生活できるようになる前はラーメン店で働いていたという。その理由を「まかないのラーメンが食べたくて。ラーメン屋で一日働いて、夜ラーメンを食べささせてもらっていた」と話した。

 「当時は本当にお金がなくて、家では毎日カップラーメンかもやしを食べてました」と、アルバイト先でも家でもラーメン浸りだった生活を回想する鬼頭。それでもラーメンに飽きることはなく、まかない飯を作ってくれる店長から「毎日ラーメンでごめんね。野菜炒めとか作ろうか?」と言われても、「いや、ラーメンが食べたいんで」とラーメンを要望していたという。

 これには、共演した声優の下野紘も「藤子不二雄さんの作品とかに出てきそうだね」と、漫画の登場人物でラーメン大好きな小池さんになぞらえて感嘆していた。
《角谷》

関連ニュース

page top