橋本環奈、ドラマW初主演!葵わかな&吉川愛とともに3つの殺人事件犯す | RBB TODAY

橋本環奈、ドラマW初主演!葵わかな&吉川愛とともに3つの殺人事件犯す

エンタメ 映画・ドラマ
WOWOW「連続ドラマW インフルエンス」に出演する(左から)葵わかな、主演・橋本環奈、吉川愛
  • WOWOW「連続ドラマW インフルエンス」に出演する(左から)葵わかな、主演・橋本環奈、吉川愛
 WOWOWで、橋本環奈がドラマW初出演&初主演を務める『連続ドラマW インフルエンス』が放送されることが決定した。


 同作では、近藤史恵が⼥たちの焦燥と決意を描いた同名⼩説(⽂春⽂庫)を連続ドラマ化。友情が引き⾦となって3つの殺⼈事件を犯した⼥性3⼈の⽣涯が切なく描かれる。

 ⼥性⼩説家のもとに「私と友⼈ふたりが犯した3つの殺⼈を⼩説にしてほしい」と友梨と名乗る⼥性がやってくる。最初の事件が起こったのは、35年前の昭和の団地。⾼校⽣だった少⼥たちは2つの殺⼈事件を起こす。彼⼥たちを繋いでいたのは、友情か。それとも、殺⼈の秘密か。しかし10年後、20代となった彼⼥たちは、さらに恐ろしい殺⼈計画を⽴てる。秘密を共有した3⼈の⼥性が⽬論んだ完全犯罪のトリック。その衝撃の結末とは?

 主⼈公の⼾塚友梨役を演じるのは、橋本環奈。橋本が演じる友梨は、幼馴染の⾥⼦が祖⽗から性的虐待をうけていることを知りながらも守れなかったことを負い⽬に感じていた。ある日、暴漢に襲われた親友を守るため、男を刺してしまう。その友梨が暴漢から助けた坂崎真帆役を演じるのは葵わかな。真帆は、両親の離婚を機に友梨と同じ団地に引っ越してくるが、プライドの⾼い⺟親と、都会育ちの洗練された容姿や性格が仇となり、周囲から孤⽴していた。そんな状況を⾒つつも、秘かに真帆に憧れを抱いていた友梨は彼⼥に声を掛け友情が⽣まれる。そして、劣悪な家庭環境から不良となった⽇野⾥⼦役を吉川愛が演じる。

 橋本は同作について「もともとこのお話を頂く前から原作は読んでいて、そのストーリーもさる事ながら複雑に絡み、重なる時代におけるそれぞれの出来事が全て伏線となって全体が構成されている妙、最後に読者を裏切る驚きの結末と全てのサスペンスの要素が詰まった作品だなと感じ⼊っていました」とコメント。「この時代と運命に翻弄されながら異質の友情で結ばれた3⼈の意外な結末や⼈間模様を是⾮ご覧いただけると嬉しい限りです」と呼びかけている。

 葵は「私が演じる真帆は、優等⽣で負けん気が強くて、橋本環奈さん演じる友梨のことが⼤好きで、吉川愛さん演じる⾥⼦に嫉妬しつつも、共感しています。キャラクターも持っているものも違う3⼈が孤独を通して共鳴している姿が、観てくださる⽅の⽬にさみしく、そして美しく映ると幸せです」と自身の役柄について説明。吉川は「私が演じる⾥⼦は決して幸せとは⾔えない複雑な家庭環境で育った⼥性です。強がりで本⼼を素直に表現できない⾥⼦は、友梨や真帆ともうまく関係を築けず、複雑な⼼情を抱えています。そんな繊細な役柄を、上⼿く演じられるように頑張りたいと思います。橋本さんと葵さんとは2回⽬の共演なので、今から撮影が楽しみです」と意気込んでいる。

 『連続ドラマW インフルエンス』は、WOWOWプライムにて全5話で放送予定。
《KT》

関連ニュース

page top