『鬼滅の刃』声優4人の印象に残ったシーンは… | RBB TODAY

『鬼滅の刃』声優4人の印象に残ったシーンは…

エンタメ その他
 アニメ『鬼滅の刃』の声優メインキャスト4人が、29日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。それぞれが演じていて印象に残ったシーンについて語った。

 我妻善逸役の下野紘は、テレビ版第17話で善逸がじいちゃんの指導の下、厳しい修行に耐えていた回想シーンを挙げ、「あそこは本当楽しかった。自分が善逸を演じる上で、じいちゃん役の千葉繁さんを思い描いてやったというのもあるから、余計にこの人と一緒にやれるのというのが本当にうれしかった」と回想。「憧れているベテランというかレジェンドの人たちと一緒にやれるというのは。こっちが頑張っていると、『君がそこまで頑張っているなら、僕も行くよ』って来てくれる。それを言葉じゃなく芝居の中で感じ取れるとうれしい」と話した。

 主人公・竈門炭治郎役の花江夏樹は、第19話での炭治郎の父・炭十郎役を演じた三木真一郎との共演シーンを挙げた。「デビュー当時ぐらいにアニメのレギュラーでご一緒して、直接教えていただいたわけじゃないが、お芝居を見てすごい勉強になった。久し振りに『鬼滅』で関わりのある役で共演することになり、勝手にめちゃめちゃ緊張していた」と花江。「自分の中の全部を出し切ってやらなきゃ、認めてもらえかどうかという気持ちだった。演じる人との関係性とかで気持ちも変わってくる部分がある」と話した。

 禰豆子役の鬼頭明里は「1話は本当に緊張しましたね」と語り、鬼にされてしまった禰豆子の最初のシーンを挙げた。「正解がないというか、鬼になってうなっている声ってどんなの?みたいなのを私が示さないといけないというのがあったので、家でもクローゼットに頭突っ込んで叫んだりしてました」と振り返った。

 嘴平伊之助役を演じた松岡禎丞は、第14話での炭治郎との格闘シーンを挙げた。イノシシの皮を被って素顔を見せない伊之助役を「つらかったです。顔も分からないしどんな表情していいか…」と振り返った松岡。「ディレクションとしても『仲間に思わせないでください』と言われていたので、仲間路線をだんだんと上げていったんです。それで、10になった所が、(炭治郎から)頭突き食らった所です」と語った。
《角谷》

関連ニュース

page top