ダウンタウン、若手時代の屈辱を回顧…漫才を「全部直された」 | RBB TODAY

ダウンタウン、若手時代の屈辱を回顧…漫才を「全部直された」

エンタメ その他
ダウンタウン【写真:編集部】
  • ダウンタウン【写真:編集部】
 ダウンタウンが、11日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。若手時代に受けた屈辱を明かした。


 この日のゲストは清水翔太。デビュー当時、自分が書いた曲に対し事務所や音楽レーベルから「これでは売れない」と否定されたという。さらに「愛してる」「君が好きだ」「一生守りつづける」といった言葉が書かれた紙を渡され、それをすべて歌詞に入れるよう指示されたそう。

 清水もそれを忠実に実践して曲をリリース。ところが評判をネットで検索すると、「清水翔太って歌詞ダサいよね」といったコメントが書き込まれていたと語った。

 すると松本人志も「お笑いにもありますよ」と共感。「放送作家のエライさんの言うことを聞いて、良かったことなんてない」と切り捨てた。すると浜田雅功も、『笑っていいとも!』の前身番組『笑ってる場合ですよ!』(以上同系)のお笑い勝ち抜きコーナー「お笑い君こそスターだ!」に参加したときの思い出を回顧。

 その日に合わせて作った漫才をスタッフにネタ見せするも、「毎回直された」のだとか。「当時から松本が作っていたが、全部直されて。本番はこれでいこう」と指示されたという。「言うことを聞いておかないといけない」と思いながら「イヤイヤやっていた」という浜田。坂上忍が「ウケるんですか?」と聞くと、松本は「まぁでもグランドチャンピオンになりましたけど」と笑いを誘っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top