藤原紀香、“性教育”テーマのドラマ出演を報告「深~いテーマがあります」 | RBB TODAY

藤原紀香、“性教育”テーマのドラマ出演を報告「深~いテーマがあります」

エンタメ ブログ
画像は藤原紀香オフィシャルブログより
  • 画像は藤原紀香オフィシャルブログより
  • 画像は藤原紀香オフィシャルブログより
  • 画像は藤原紀香オフィシャルブログより
  • 画像は藤原紀香オフィシャルブログより
  • 画像は藤原紀香オフィシャルブログより
 女優・藤原紀香が6日、自身のブログを更新。9月17日よりAbemaTVにて配信がスタートする新ドラマ『17.3 about a sex』に出演することを明かした。


 同ドラマはファッション誌『Seventeen』(集英社)の専属モデルを務める永瀬莉子、田鍋梨々花、秋田汐梨がトリプル主演。17歳の女子高生3人が、恋にセックスに揺れ動くリアルな心情が描かれる。「初体験の世界平均年齢は17.3歳」ーーとあるサイトに掲載されていた情報をきっかけに、彼女たちがなんとなく持っていた"性の価値観"が揺らぎ始める。三種三様、異なる恋愛への価値観を持つ3人が性と向き合い、本音をぶつけ合いながらも自分たちの足で“オトナ”へと踏み出していく。

 この日、ブログを更新した藤原は「ドラマ『17.3 about a sex 』に出演することになりました」と報告。役どころは「ドラマのテーマに関するキーパーソンになる母親、清野亜紀役をつとめさせていただきます」といい、「若い高校生役の女の子たち三人が主演のドラマですが、単なる青春恋愛物語、若者の群像劇ではなく、そこには、性教育に向かい合うこと、という深~いテーマがあります」と作品について説明した。

 さらに、「日本ではまだタブー視されている性の問題と向き合い、問題を提示していく作品を世に生み出したいんです」とした上で、「性に悩めるティーンだけでなく、子を持つご両親や、これから親になっていく方、教育に携わるすべての職についておられる方々など多くの方に見ていただき、このドラマの本当の意義やテーマが伝わればいいなと思います」と、出演を決めた理由や作品への想いも明かしている。

 また、藤原が演じる母親・亜紀や17歳の女子高生3人ついて「実家の母の考え方とかぶるところが多く、その頃を思い出し、17歳の咲良たちの気持ちや、また、自身の演じる亜紀にも 台本を見て共感できるところがたくさんありました」などともコメント。最後は改めて、「時代に合った性教育に向かい合うこと、そこから逃げないこと、大人の責任でもありますよね」といい、「これまでに無かったテーマに切り込まれた作り手さん方の想いが、世に広く伝わればいいなと思います」とブログを締めくくった。

 この投稿に、ファンからは「確かに避けては、通れない道」「無知が1番怖いですからね」「娘をいつまでも子供扱いするんじゃなくって女性としてアドバイスなり相談を感情的にならずに聞ける様になりたいです!」などのコメントが寄せられている。
《KT》

関連ニュース

page top