真矢みき主演ドラマ『さくらの親子丼』第3弾放送決定!新キャストに新川優愛&南キャン静ちゃん | RBB TODAY

真矢みき主演ドラマ『さくらの親子丼』第3弾放送決定!新キャストに新川優愛&南キャン静ちゃん

エンタメ 映画・ドラマ
九十九さくら(真矢ミキ)『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)
  • 九十九さくら(真矢ミキ)『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)
  • 九十九さくら(真矢ミキ)『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)
  • 九十九さくら(真矢ミキ)『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)
  • 名取裕子『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)
  • 『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)
  • 『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)
  • 『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)
  • 山崎静代『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)
 女優・真矢ミキ主演ドラマ『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)が10月17日にスタートすることが発表された。


 同ドラマは、2017年10月、2018年12月に続くシリーズ第3弾。「空っぽのお腹を満たせばココロも満たされるはず」という信念のもと、真矢演じる九十九さくらは行き場のない子どもたちに無償で親子丼をふるまっていた。その経験から、子どもシェルター「ハチドリの家」の食事スタッフに。“子どもシェルター”とは、虐待や育児放棄、親の失踪など様々な事情で家族と一緒に暮らすことができない子どもたちが、一時的に避難する場所。固く心を閉ざす子どもたちに、諦めず愛と希望を伝えようとするさくら。あれから2年、さくらは、三谷桃子弁護士(名取裕子)が新たに作った子どもシェルター「第2ハチドリの家」でスタッフとして働いていた。

 父親から虐待を受けながら、その父を見捨てることができない少女に、母親に殺されかけ九死に一生を得た少年。そして父親の虐待を裁判で訴えた幼い少女。そこには、傷ついた子どもたちが次々とやってくる。時代は変わっても、行き場のない子どもたちは増え続け、子どもたちを守る場所は不足したまま。第2ハチドリの家では、子どもたちと大人の激しいドラマが繰り広げられていく。

 真矢は今作について、「今回も子どもシェルターが舞台となりますが、新たな役に挑むように、スタッフ、キャストの皆さんとこの度も丁寧に作り上げて行きたいと思っています」とコメント。「私は不思議なくらい、このさくらを演じる時、役を演じるという気持ちがなくなるのです。魂の触れ合いのような、それほどこの作品は伝えたい事で溢れているのだと思います。子供たちから大人の方まで広く、そしてひとりでも多くの方に見ていただきたいです。この秋はさくらの親子丼であたたまってください」と呼びかけた。

 さらに、今作からは新キャストとして、新川優愛、山崎静代の出演が決定。新川は、正義感あふれる若手弁護士・宮部雪乃役、山崎はは第2ハチドリの家のホーム長・高瀬川多喜役をそれぞれ演じる。新川は「私自身も多感な時期に色々なことを考え、悩んだ経験があるので、今回はそんな彼女たちの役を通して見守り、時に寄り添っていきたいですね」とコメント。山崎は、「久しぶりに真矢ミキさんと共演させていただけることもすごく嬉しいです。真矢さんの印象は『女性版金八先生』のようで、素敵であたたかい方です」と、共演する真矢の印象を語っている。

 ドラマ『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)は、10月17日スタート。
《KT》

関連ニュース

page top