松岡茉優、TBS連ドラ初主演!独特の金銭感覚“清貧”アラサー女子 | RBB TODAY

松岡茉優、TBS連ドラ初主演!独特の金銭感覚“清貧”アラサー女子

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
 9月スタートの新ドラマとして、『おカネの切れ目が恋のはじまり』の放送が決定。松岡茉優が、TBS連続ドラマ初主演を果たす。


 同ドラマの主人公は、中堅おもちゃメーカーの経理部で働く九鬼玲子。とある過去が原因で「清貧」という価値観で生きるアラサー女子。金銭感覚が独特で、お金の価値ではなく、自分が愛する“モノ”の本質を大切にして暮らしている。その玲子が勤めるおもちゃメーカーの御曹司・猿渡慶太は、「浪費」にかけては天賦の才能を持った男。営業部に在籍していたが、浪費のしすぎで玲子がいる経理部に異動になる。そんな金銭感覚が両極端な、「清貧女子」と「浪費男子」が出会い、ひょんなことから鎌倉にある玲子の実家に慶太が住み込むことになり......というオリジナルラブコメディ。

 主人公の清貧女子・九鬼玲子を松岡。そして、玲子が働く経理部に異動になった、お金にルーズな浪費男子・猿渡慶太を演じるのは三浦春馬に決定。松岡と三浦は今作が初共演。それぞれクセの強い「清貧女子」と「浪費男子」を、演技力に定評のある2人がどう演じるのかに注目。なお、共演には三浦翔平、北村匠海が決まっている。

 主演が決まった松岡は、「ドラマでオリジナルストーリーに挑戦させていただくということが久しぶりなので、ドキドキしながら台本を読んでいるのですが、私たちもまだ知らないラストがありますのでわくわくしながら撮影に挑んでおります」とコメント。「『おカネの切れ目が恋のはじまり』という、『おカネと恋』『カネ恋』っていうラブキュン物語なのですが、私が演じる玲子さんと三浦さんが演じる慶太の成長物語として、ほころんでいる2人がどんどん成長していくところも注目していただきたいポイントです」と見どころを語った。

 一方の三浦春馬は、「このドラマは、松岡さん演じる玲子が、それぞれの登場人物が抱えるほころびを気持ちいいくらいに繕っていくプロセスがとっても愛らしく、心地いい解決策を毎話ごとに生み出していくので、僕自身も台本を読み進めるのがとても楽しみでした」とドラマに付いて語っているほか、「松岡さんとも現場で話し合いをしながらアイデアを出し合って、よりよい『猿くんと玲子さん』のコンビネーションみたいなものを築き上げていきたいと思うので、皆さん楽しみに待っていていただけたらと思います」と呼びかけている。

 ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)は、9月スタート。毎週火曜22時から放送予定。
《KT》

関連ニュース

page top