有吉弘行、認知症公表の蛭子能収にエール | RBB TODAY

有吉弘行、認知症公表の蛭子能収にエール

エンタメ その他
有吉弘行 <撮影 竹内みちまろ>
  • 有吉弘行 <撮影 竹内みちまろ>
 タレントの有吉弘行が、12日のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で、漫画家・タレントの蛭子能収が認知症を公表したことに言及。「いろいろ文句言う人もいるんだろうけど、本人が良ければ復帰して元気にやって欲しい」とエールを送った。

 蛭子は9日放送のテレビ番組『主治医が見つかる診療所2時間スペシャル』(テレビ東京系)で、レビー小体病とアルツハイマー型認知症の合併症による軽度の認知障害と診断されたことを公表。今後の芸能活動については「できる範囲で続けていきたい」と語った。

 有吉の冠番組『マツコ・有吉のかりそめ天国』(テレビ朝日系)にも、蛭子は何度かリポーター役などで登場しており、「お世話になっていた」と有吉。蛭子が今後もテレビ出演を続けることには反対も出そうだとしつつ、「アルツハイマーになったらテレビ出ちゃいけないのか、仕事しちゃいけないのか、何にもできないのかということになるもんね。一生懸命やってて欲しい」と応援した。

 ただ有吉は「蛭子さんというキャラクターがまた(おとぼけキャラなのか病気の症状なのか)どっちか分からなくなったりするから」とも指摘。「それはそれで笑いになるんだろうけど、そこを笑いにするなよと言う人がいるだろうから難しいけど、それはご本人の問題だからね」と付け加えた。
《角谷》

関連ニュース

page top