「ナオトの日LIVE」生配信ライブで開催!初EP作品「オモワクドオリ」リリース発表も | RBB TODAY

「ナオトの日LIVE」生配信ライブで開催!初EP作品「オモワクドオリ」リリース発表も

エンタメ 音楽
ナオト・インティライミ 撮影:Uchida Yuho
  • ナオト・インティライミ 撮影:Uchida Yuho
  • ナオト・インティライミ 撮影:Uchida Yuho
  • ナオト・インティライミ 撮影:Uchida Yuho
  • ナオト・インティライミ 撮影:Uchida Yuho
  • ナオト・インティライミ 撮影:Uchida Yuho
  • ナオト・インティライミ 撮影:Uchida Yuho
  • ナオト・インティライミ 撮影:Uchida Yuho
  • ナオト・インティライミ 撮影:Uchida Yuho
 ナオト・インティライミが10日、配信ライブ「ナオトの日 スペシャルLIVE 2020~生配信の大祭典!初の試みドッキドキ?おうちでナオトを一人占め!!~」を東京・銀座のど真ん中「PLUSTOKYO」にて行った。


 ナオトは、毎年7月10日に「ナオトの日LIVE」を開催。今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、初めて生配信ライブとなった。ライブ会場は、世界デビュー曲「El Japones」のMVを撮影した思い出深い場所。富士山の絵をバックに登場したナオトは、そのまま階段を駆け上がり、屋上へ。「今年もこの日がやってきたよ!はじめようか、“ナオトの日”!」という挨拶とともに「Wonderful!」でライブをスタートさせた。

 その後は、「恋する季節」「タカラモノ~この声がなくなるまで~」を披露。生配信ライブでは、視聴者とつながる企画も用意された。休憩を挟み、ライブが後半へ向かうと、「I'm chi-zu-ers」「テキナビート」なども披露。「逆境のなかで歯を食いしばってがんばってるみんなに、この曲を送りたい」という言葉の後に「未来へ」を披露し、本編は終了した。

 アンコールでは、初のEP作品「オモワクドオリ」を10月7日にリリースすると発表。ラストはライブで支持され続けているお祭りソング「カーニバる?」を披露してライブは終了した。終演後には、ライブの打ち上げの様子もリアルタイムで配信するなどして盛り上げた。
《KT》

関連ニュース

page top