薬丸裕英の運命を変えた、ジャニー喜多川氏からの1本の電話とは? | RBB TODAY

薬丸裕英の運命を変えた、ジャニー喜多川氏からの1本の電話とは?

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 7月8日23時から放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)には、ゲストに薬丸裕英が登場する。


 薬丸の出演は『TOKIOカケル』の前身番組『メントレG』(1999年10月~2008年)の2005年4月8日放送回以来、15年ぶり2回目のこと。1989年にジャニーズ事務所を退所した後も、少年隊・東山紀之からジャニーズWEST・中間淳太まで世代を超えた幅広い交友関係があることを明かした薬丸。TOKIOは「俺たちより広いですよ!」と驚く。

 そんな薬丸が唯一クレームを言いたい相手というのが、嵐・二宮。TOKIOも「あいつそういうとこあるんだよな!」と口々に話し、二宮の素顔が明かされていく。そして、薬丸が「感謝しかない」と語る、恩師・ジャニー喜多川氏との思い出を振り返る。当時、14歳だった薬丸は「知らない単語で、何を言っているかわからなかった」と戸惑いつつ、その言葉がきっかけでレッスンに通い始めることに。しかし、あるきっかけでレッスンに通わなくなってしまう。それから1年後、ジャニー喜多川氏から1本の電話がかかってくる。薬丸の運命を大きく変えることになる、その内容とは?

 ほか、東山とデビュー前のKing & Princeが出演した舞台「JOHNNYS' Happy New Year IsLAND」(2018年)に、実はジャニー喜多川氏が薬丸にサプライズを仕掛けていたことが明かされる。さらに、手渡しでもらった初給料、「僕の娘にジャニーさんが話した内容を聞いて、鳥肌が立った」という家族との交流など、ジャニー喜多川氏とのエピソードが多数語られる。
《KT》

関連ニュース

page top