歌舞伎界のプリンス・尾上右近、高校時代に河北麻友子に告白 | RBB TODAY

歌舞伎界のプリンス・尾上右近、高校時代に河北麻友子に告白

エンタメ その他
 歌舞伎俳優・尾上右近が、26日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。高校時代、河北麻友子に告白したことを暴露された。


 この日は、堀越高校時代の同級生・布川隼汰がリモート出演。坂上忍から「当時は別にして、いま売れてる人と付き合ってたこともあるでしょ、右近くんは」という質問が飛ぶと、布川は「そうですね、告白したりとかね」と意味深な前振り。

 これに対しファーストサマーウイカが「(右近が告白した相手は)誰ですか?」と聞くと、布川は「これ言っちゃっていいのかな」と一瞬、躊躇。右近が「おい……」と制止しようとするも、松本人志は「大丈夫、リモートだし」と勝手にゴーサイン。

 これに押された形で布川が「高校時代で言うと河北麻友子とかね」とさらりと告げると、ウイカも「へぇ!」と驚き。言われた右近が押し黙ると、布川は「ごめん、ごめん」と謝罪した。

 河北からは結局フラれてしまったそうだが、その時のことについて右近は「泣きましたね~」と、しみじみ。「改札くぐりながら泣いた記憶ある」と振り返った。

 ここで坂上から「でも麻友子ちゃんだけじゃないでしょ?」と追加質問されると、布川は「いっぱいいますよ」と、さらに爆弾を投下。「堀越の同級生なんですけど、〇〇(有名女優)に告白した」と言い放った。

 オンエアではピー音で隠されていたが、スタジオでは実名だったようで、右近は、布川が映るモニターを指さしながら「(このモニターの)電源はどこで切ったほうがいい?」と軽く憤慨。松本から「家のテレビじゃないんだから」と、たしなめられていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top