お家で手巻き!? 回転寿司4店舗の持ち帰りセットをチェック! | RBB TODAY

お家で手巻き!? 回転寿司4店舗の持ち帰りセットをチェック!

ライフ グルメ
お家で手巻き!? 回転寿司4店舗の持ち帰りセットをチェック!
  • お家で手巻き!? 回転寿司4店舗の持ち帰りセットをチェック!
  • お家で手巻き!? 回転寿司4店舗の持ち帰りセットをチェック!
  • お家で手巻き!? 回転寿司4店舗の持ち帰りセットをチェック!
  • お家で手巻き!? 回転寿司4店舗の持ち帰りセットをチェック!
  • お家で手巻き!? 回転寿司4店舗の持ち帰りセットをチェック!
  • お家で手巻き!? 回転寿司4店舗の持ち帰りセットをチェック!
  • お家で手巻き!? 回転寿司4店舗の持ち帰りセットをチェック!
  • お家で手巻き!? 回転寿司4店舗の持ち帰りセットをチェック!
 外出自粛でテクアウトをしている人も多いだろう。

 今回は回転ずしチェーンをチェックしてみた。まず候補としてうかんだのは「くら寿司」「はま寿司」「スシロー」「かっぱ寿司」の4店舗。いずれも筆者の自宅から車で出かけることができ持ち帰りも楽な店舗だ。

 普段は受付前に待ち客も多い上記の回転ずしチェーンだが、この時期はガラガラ。やはり店舗で並びたくはないがために、自宅でネット注文を行い、さっと指定時間に受け取れる仕組みがあると嬉しいものだ。ここではちょっと厳しめに評価をしていく。

■「くら寿司」コスパはいいが……

 さて、まず「くら寿司」からチェック。「おうちdeくら」という企画に通常価格より500円お得な「大サービスセット」(50貫で2000円税抜き)と人気ネタ8種の「ファミリー手巻きセット」(980円税抜き)、人気すしネタ14種類の「ファミリー手巻きセット」(1580円税抜き 4~5人前)などがある。同店は筆者も普段から利用することが多く、アプリで入店予約をして出かけていた。





 今回チョイスしたのは1,580円のファミリー手巻きセット。4~5人前とサイトには書いてあったのだが、4、5人では足りないだろうというのが正直な感想。ただし、この手の商品としては今回調査した3店舗のなかではコストパフォーマンスは抜群だ。手巻き用手袋が入っているのは他店舗にはない配慮だった。



 残念なのは、いくらはあるネタに飾りとしてのっていものなのだろうか?持ち帰って開けた時には容器中に散乱する事態に。寿司で見栄えの良さを維持は、持ち帰り商品の難しさなのかもしれない。

 なお、驚いたことにWEBサイトからは注文ができないのは初めて知った。当然電話注文ができるのだが、スマホアプリからの注文のみとなっているようだ。ただしこのアプリが非常にわかりにくかったのが残念。まず、WEBからの注文ができない趣旨がわかりやすいところに明示されていないため、サイトに行くとユーザーは商品の宣伝ページをくるくる回されることになる。そこでアプリをロードして、サイト上部のアピールスペースでうたわれている「おうちdeくら」メニューをチョイス。チョイスといっても、クリックしても単なる宣伝ページであるため、ここでもあちこちそれらしいところをクリックしてしまった。

■「はま寿司」海苔が欲しいセットメニューも

 次に「はま寿司」。ここで注目したのは5月末までの特別お持ち帰り商品「おうちではま寿司セット」(2280円 税抜き)。人気のネタ11種類としゃり30貫が別になっている。なぜシャリとネタを別々に?と思ってしまったが、「まぐろを醤油やめんつゆに漬けて「漬けまぐろ」、えびとアボカドを合わせて「えびアボカド」など、ご自宅にあるお好きな食材・調味料と組み合わせ、オリジナルのねたをお楽しみいただけます」とのこと。









 こちらはWEB注文が可能だ。ただし、注文過程には課題が。商品選択ページで商品を選択しても何も挙動しない、商品受け取り日と時間の設定が別々の流れで選択しなければならず、決済過程に多少問題があり注文をしにくくしているようだ。

 実際に注文したセットは2人前では満足な内容、ネタも文句なしだった。しかし、いくらとネギトロがネタとして盛り込まれているのに海苔が入っていない。そのため軍艦巻きのような商品が作れない。海苔は自宅で用意してくれということなのかと思われるが、数枚同梱されていてもよいのではないだろうか?「入ってないの?」「入れ忘れたんじゃないか?」と食べるときになって家のなかがザワついた。

■もっとも注文しやすかった「スシロー」

 「スシロー」で注文したのは、お家で楽しく手巻きすし「スシロー手巻きセット」。2~3人前で1980円(税抜き)。人気ネタ10種類と、しゃり、のりが付いている。ほとんど文句はないのだが、持ち帰り商品としてのしゃりの硬さや手巻き寿司としての海苔の大きさはもう少し考えたほうがいいような気がした。



 ちなみにスシローは次世代型スシロー店舗のオープンを準備中だ。ここでは自動土産ロッカーで持ち帰りができ、店員とも対面せずに商品を事前決済で持ち帰ることができる。





 ソーシャルディスタンスが唱えられ、外出自粛も言われているこの時期、テイクアウトに力を入れている担保は多い。今回取り上げた3店舗のなかではスシローが最もネット注文がしやすかった。

■「かっぱ寿司」海苔が大きいのは助かる



 「かっぱ寿司」でも注文はスムーズ。ここでは5月31日までの期間限定で提供されている「お家で楽しく手巻き寿司セット」2376円(税込み)をチョイスした。内容はしゃり400g、のり10枚、まぐろ3枚分、真いか3枚、えび3尾、はまち3枚、ツナサラダ30g、いくら20g、まぐろたたき30g、サーモン3枚、玉子3枚分、青ねぎ、たくあん。気になったのはガリが入っていなかったこと、ネギを何に使うか不明だったことだ。ただ、ほかの回転寿司チェーンに比べて海苔が大きめで巻きやすかったことや、玉子が手巻き用に細くカットされているなど配慮がみられた。







《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top